現役会計士が考えるIPOのメリットを5つずつ挙げてみた!

スポンサーリンク

こんにちは、現役会計士そらです!

今回は。勢いのあるベンチャー企業が目指しているIPOについて、私が考えるメリットを5つ紹介していきます!

スポンサーリンク




IPOによる5つのメリット!

そもそも、ベンチャー企業がIPOしたい!というからには、何かしらのメリットがあるはずですよね。

そして、そのメリットとしては主に以下のものが考えられます。
①資金調達手段の確保
②ブランド力の強化
③優秀な人材の確保
④株式の流動化
⑤ストックオプションによる利益獲得

「うーん、分かるような分からないような…」といった感じかと思いますので、それぞれの中身について簡単に説明していきますね!

①資金調達手段の確保

IPOを実現することで最も変わるのは、資金調達手段が増えることですね!

それまでは、「よし、お金を集めるぞ!」と思ったところで、一般人はその会社のことを知らないので、お金を貸してくれたりしません。

そのため、基本的に設備投資等のために多額のお金が必要になる場合には、銀行からお金を借り入れるか、役員等のつながりで個人からの出資を募ることになります。

これはこれで良いのですが、お金を借り入れるということは、期日までに返済すること、毎月利息を払うことがマストになってしまいますよね。

なので、この借り入れがあまりに増えてくると利息や毎月の返済により財務体質が圧迫され、さらに追加の借り入れが必要となる悪循環が発生してしまいます。これでは本末転倒ですよね…。

こんなとき、自分の会社がIPOにより株式公開が行われているのであれば、株主(となる人を含む)からお金を集めることができます!

株主からいただいたお金は借入金のような返済義務が生じないうえ、利息の支払もないことから、会社にとっては低いコストで運転資金を調達できることになり非常に大きなメリットであると考えられます。

②ブランド力の強化

2つめのメリットは、IPOにより会社おのブランド力が強化されることですね。

極端な例を出すと、自分の家に聞いたこともないような会社名の人が飛び込み営業に来たら不審に思いますよね。

それと同じように、会社との取引であっても「この会社聞いたことないけど本当に信用できるの?」と思われてしまうことは少なくないわけです。

そのため、IPOにより株式公開をすることで「あぁ、あの会社ね」と世間に知ってもらい、ブランド力を強化することも非常に大きなメリットとなります。

さらに、IPOを実現するということは社内管理体制がしっかりしていて、社会的に見て怪しい業界ではないことが担保されるので、信用力も強化されます。

③優秀な人材の確保

3つめのメリットは、優秀な人材の確保がしやすくなる点です。

もし自分が就活をする場合、誰も聞いたことがないような会社よりも、超有名な一流企業の方がカッコイイし、待遇も安定しているように思いますよね。

このように、会社が上場することでその会社を知ってもらう機会が増え、場合によっては「この企業に入りたい!」と思う人だって出てくる可能性があります。

もちろん、IPOしただけで優秀な人が入社してくれるわけではありませんが、入社のきっかけとして「まず会社のことを知ってもらう」ことができるわけですから、これも大きなメリットですよね!

④株式の流動化

4つめのメリットとしては、株式の流動化、つまり株式を売り買いしやすくなることですね!

仮に自分が非上場会社の株式を持っているとして、出資した時はダメダメだったけど、数年してから一気に業績が向上し、所有している株式の価値がとても大きくなったとします。

しかしながら、その株式を「◯◯円で売りたいな!」と思っても、買ってくれる人を探すのも難しいですし、そもそもいくらであれば適正な値段なのかを証明することも非常に困難です。

こんなとき、株式公開が行われていれば、市場で決定された価格にもとづき即座に売却することが可能ですので、これも大きなメリットと考えられますよね!

⑤ストックオプションによる利益獲得

5つめのメリットは、ストックオプションによる利益獲得が狙えることです。

主にその会社の役員や従業員に対して発行されるのですが、「自社の株式を1株当たり◯◯円で買うことができます」という権利を予め付与しておくことで、株式上場時に市場で決定された株価よりも、その権利行使による購入価格の方が安い場合、一気にお金を稼ぐことが可能となります。

株価は基本的にその会社の業績や規模に応じて決定されるので、付与された人にとってはやる気を出して頑張れば頑張るほど稼げる金額が大きくなり、役員や従業員のモチベーションをアップさせるためにも使われます。

会社に払い込まれる金額は少なくなりますが、業績がアップすることで会社も結果的には潤うことになるので、会社全体としては大きなメリットといえるでしょう。

IPOによるメリットはとても大きい

いかがでしたでしょうか?

IPOを実現すると、その会社は一般株主の持ち物にかわるため制約や責任も大きくなりますが、同じくらいメリットもたくさんあります!

このメリットをよく覚えておきましょうね!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。