監査法人勤務でジム通いは続かない!?これで2回目の挫折…

スポンサーリンク

こんにちは、現役会計士そらです!

唐突な話ですが、私は受験生の頃から、公認会計士試験に合格したらジムに通い続けて心身ともに健康を維持しよう!と決めていました。

実際に、実家にいるとき、結婚してからのそれぞれでジムを利用していたのですが、結局どちらも1年続かず…。

これは私だけでなく、私の同期・上司でも監査法人に勤務後にジム通いを始めた人はたくさんいるのですが、ほとんどの人が数か月で挫折しています…。

正直、よほど気力がないと続かないなぁと思いました。

スポンサーリンク




生活スタイルが日々変わる

この原因の一つになるのが、生活スタイルが日々変わることです。

監査法人に勤務していると、ある日は定時帰り、ある日は夜遅くまで仕事といったように、拘束時間がバラバラになりがち…。

これに加えて、勤務場所が日々異なるうえに出張もよくあるので、帰宅する時間もバラツキが激しいですし、そもそも泊まることも珍しくないんですよね。

そして、この傾向は年次が高くなるにつれて強くなるため、結局長く続かずに退会してしまう結果に…。

24h営業のジムについて

もしかしたら、「帰る時間がバラバラなら24h営業のジムだったらいいんじゃないか」と思うかも知れません。

実際に私もそう思い、24h営業のジムに申し込んだのですが、忙しくなると帰宅しても仕事をしていたり、睡眠時間を削ってまでジムに行く気力がないため、結局営業時間が決まってるジムと何も変わらないんですよね。

一度だけ24時過ぎに行った時は、かなり空いてて、とても快適に使用することができたのですが、フルタイムで働く人がその時間に通うことは現実的じゃないですよね。

そのため、家のすぐ近くにジムがある人や、気力に溢れている人を除き、24h営業であっても大して変わらないと思います…。

ジムで運動することはとても大事

監査法人勤務だと思うようにジムに行けず、月額利用料に見合う成果を得ることは難しいです。

とはいうものの、私たちのような仕事はパソコンに張り付くデスクワークのため、鍛えないとどんどん体が衰えていくばがり…。

結局のところ、ジムで運動すること自体はとても良いことです!

なので、続かないかも知れないけど利用してみたいということであれば、キャンペーンを利用しないで契約することをオススメします!

○ヶ月間は利用料免除!とか、登録手数料免除!というキャンペーンはいつもやってますが、それを使って契約すると半年間は解約不能(それか違約金を払う必要がある)となるので、続かなかった場合に即解約ということができません。

もちろん、続けられるのであればキャンペーンを利用した方が安上がりなんですが、監査法人勤務ですと続かない可能性の方が高いです…。

色々な意見はあれど、いつでもやめられるという強みはメリットが大きいですので、契約される際は検討してみてくださいね!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。