公認会計士試験 答練や過去問を解きたがらない人の心理について

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

皆さんはペーパーテストって得意ですか?私は大嫌いです笑

大学受験と公認会計士受験を経てようやく「もしかして勉強ってこうやれば良いのかな」という感覚を身につけたものの、相変わらずペーパーテスト的な勉強って好きにはなれません…。

まぁそんなことは置いといて、公認会計士試験の勉強において答練を受けたがらない人が一定数いますよね。(全答練の受験者数がそんなに多くないことがこれを示しています。)

大学受験でも予備校が実施する模試や赤本を解きたがらない人がいるかと思いますが、そういう人はたいてい落ちます。

しかも本人も「答練や過去問で実践演習しないと落ちる…」となんとなく分かっているのに受けない。

そういう人たちはどうして受けようとしないのか。

私の経験をもとに書いていきますね!

スポンサーリンク




完璧主義は臆病者

ちなみに私は、大学受験(現役の頃)で失敗した時は、まさに模試や過去問を触りたがらない人でした。

その結果見事に学力が上がらず、当然のように不合格を積み重ねるのですが…。

じゃあその時は何で模試や過去問を解かなかったかというと、自分の実力を直視する勇気がなくて、解けない事実を認めたくなかったからです。

これは完璧主義者にありがちな心理なんですが、万全に準備をしてからじゃないと本番の環境に身を置くことができない。

皆さんご存知の通り、答練や過去問を最初から完璧に解ける人なんていません。

だから、本番形式の問題を解いてみてどれくらいまで学力を高めれば良いのかの判断基準にする訳です。

ですが、完璧主義者は「まだ自分は答練を受けれるほどの実力がないから」と言い訳をして、解ける範囲の問題しかやろうとしません。

過去の自分の反省から言いますと、まずば答練や過去問を解いてみない限り、合格をつかむことはできません

私は本番同様の時間制限を設けて何回も答練を受ける必要はないと考えていますが、答練の問題を解かなくて良いかというとそれは違います。

最初は解けなくて当たり前。それを繰り返すといつの間にか実力がついてくるものです。

闇雲に答練を解けば良いという訳でもない

じゃあ実力もないうちから答練は全部解いた方が良いのかというと、個人的にはNOだと思ってます。

答練は問題の文量も多いので、実力がないまま解き続けると一日終わりかねません。

そうなるくらいであれば、基礎答練レベルの簡単な答練を数回解いてみて、「あ、このくらいなら合格点取れるな」と思えてきた段階で次のレベルの答練に進みましょう。

復習は全ての基本ですが、答練も同じ。しっかり復習して自分のレベルをどんどんあげていきましょう!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。