没頭できる趣味は仕事にも勉強にも役立つ。集中という状態が習慣化している人たち。

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

最近、内臓の調子があまり良くなくて困っています…。病院に行くほどではないけど、胃のあたりの違和感がなかなか取れない。

同期にもチラホラそういう人がいるみたいですが、期末監査に突入する前に何とか治したいですね。

まぁそれはともかくとして、皆さんには趣味と言えるものが何かありますか?

「気付けば半日終わってた」なんてくらい打ち込めるものがあったら最高ですが…どうでしょう?

スポンサーリンク




趣味に打ち込める人は集中力が高い

本当に打ち込める趣味を持っている人って、文字通り時間を忘れて没頭してますよね。お腹が空いていようが、日付が変わろうが、日々の生活が許す限りずっと一つの物事に時間を充ててます。

凄い分かりやすい例で言うと、テレビゲームでしょうか。

私も、学校をズル休みして両親が帰ってくるまでずっとゲームして、帰ってきたら寝たふりしながら布団の中でゲーム。なんてことをやってた記憶があります。

このころは将来の事とか翌日の事とか何も考えず、好きなことに何時間も熱中してました。

冷静に考えると、これってめちゃくちゃ凄いことじゃないですか?

大人になってからもこの熱意を持ち続けられる人ってそんなに多くないと思います。

例えば、あんなにゲームが好きだった私も、社会人になってからは「そろそろ1時間か。これ以上ゲームやると時間を無駄にしちゃうな」なんてことを考えている始末…。

集中している時に出てくる現実思考というお邪魔虫が脳内に住み着いているわけです。

「みんなそうなんじゃないの?」と思うかも知れませんが、私の周りにいる同期や上司を見ていると、「趣味に費やす時間まで奪われるくらいなら仕事辞めてやる」と本気で考えている人がチラホラいるんですよね。

そして、その人達は総じて集中力が高く、公認会計士試験も短期で合格しています。

つまり、趣味で「時間を忘れて一つの物事に集中する」習慣を持っている人は、スイッチが入ればその集中状態を勉強や仕事にも向けることができるようなんです。

趣味はなんだっていい!

私の同期は少し変わっていて、アイドル追っかけ、オンラインゲーム廃人、乙女ゲーム廃人などなど…世間的に見たらあまり「いい趣味だね!」という同意を得ることが難しい趣味をお持ちの人がポツポツいるんですが、皆さん凄まじい集中力を持っています。

それこそ、「どんなに忙しくても毎日趣味の時間がないとメンタルが崩れる」といったような具合。

これだけ聞くとダメ人間のように思うかも知れませんが、これほどまでに熱中できる趣味を持っている社会人は本当に少ないです。正直羨ましい。

なので、もし皆さんが時間を忘れて没頭できる趣味があるなら、それを一生大切にしましょうね!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。