スーツを着ると仕事のパフォーマンスが落ちる?私服だと疲れも感じにくい。

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

私が子供の頃は、社会人になったらスーツを着て仕事をするのが当たり前だと思っていました。

しかし今改めて世の中を見渡すと、ベンチャー企業に限らず大企業でも私服で仕事をするのが珍しくなくなってきてますよね。

確かに同じ待遇で仕事を選べる状況にあるとしたらほとんどの人が私服勤務できる会社を選ぶのではないでしょうか?

営業関係の仕事ですと信用力を得るためにもスーツを着る必要があるかと思いますが、本社で管理・企画業務を行う人たちがスーツを着なきゃいけない理由ってないですもんね。

そんなことを言いながら残念な話なのですが、多くの公認会計士が属することになる監査法人は基本的にお客様の会社に伺って仕事をしますので、今後も私服勤務に変わることはないように思います…。

ただ一部例外がありまして、休日に事務所で仕事をする場合は私服で出社することが認められています!(休日にまでスーツ着たくないですよね…)

昨日も私服で休日出社してきたのですが、そういう場合はほぼすべての人が私服で出社してくるので何か新鮮な雰囲気を味わえるんですよね笑

言ってしまえば服装が変わるだけでやってることは何も変わらないんですが、今日はちょっとした発見かありました!

スポンサーリンク




スーツよりも私服の方がパフォーマンスが良い

スーツをちゃんと着るのって意外と疲れるんですよね。ワイシャツ、ネクタイ、革靴を身に着けて重いカバン持って。

そのうえスーツは仕事着という感覚が無意識に定着しているので、服装の堅苦しさと相乗して余計にストレスがかかります。つまり仕事に取り掛かる以前に負荷がかかっている状態といえます。

これに対して私服だと自分が着やすい服を着れますし、オフの時のように気持ちに余裕を持つことができるんです。(私服の気楽さというのは社会人にならないと分からないかもしれませんね…。)

そのため、長時間仕事をしても疲れ・ストレスを感じにくく、夜になっても安定したパフォーマンスを発揮することができるように感じます。

私も昨日は12時間仕事をしましたが、平日の時よりも疲れませんでしたし、そこまでストレスも感じませんでした。

同じような話で、知人の勤めている会社が平日も私服出社OKにしたらパフォーマンスが一気に変わったと言っていましたが、それも分かる気がします。

スーツ自体は好きなので百害あって一利なしとまでは言えませんが、事実として私服の方がパフォーマンスが上がる感覚があるなら積極的に私服で仕事をすることを推し進めた方が良いですよね。

スーツは何かとお金がかかりますし。

今後もっと私服で仕事をすることが認められるようになっていけば良いなぁと切実に思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。