GWのような大型連休ほど勉強が捗る。公認会計士試験短答式は目前!

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

いきなり全然関係ない話ですけど、ニトリって本当すごいですね。

今日久しぶりに行ってきたんですけど家具に始まり、家電からランドセル、キャンプ用品まで。ニトリで全て揃えるかどうかはともかくとして、基本的に何でも置いてあるなぁと改めて感動しました。

最近はAmazonのヘビーユーザーと化していますが、実店舗を訪れて商品に触れることも大事だと感じた次第です。

…なんてそんな話は置いておいて、ついにゴールデンウィークまできてしまいましたね!短答式試験もあと一ヶ月以内と目前まで迫ってきてます。

ここまできたら焦るな!なんて言う人もいると思いますが、正直メンタルコントロールって難しいですよね。私も本番直前まで気が狂ったように勉強していたことを覚えています。

そして、この時期は監査法人にとっても年間で最も忙しい時期ですので、私も休日返上で働いています!

少なくとも週6勤務が求められるって結構シンドいものですが、個人的に平日よりも休日に働くほうがパフォーマンスが良いです。

これは受験生の頃もそうだったのですが、みなさんはいかがでしょうか?

スポンサーリンク




休日の時に頑張る方が自分のモチベーションが上がる

こういうのって本当人によりけりだと思いますが、私の場合は他の人が休んでる時にガッツリやるほうがモチベーションがあがります。

中二病のようなものですけど、「これで他のやつと差を一気につけられる!」とか、「皆が遊んでるときに頑張ってる俺、ちょーかっこいい!」みたいな意識が潜在的に働いて、テンションがあがるんですよね笑

特に受験生の頃はこういう意識が強かったかもしれません。「他の人の2〜3倍はやったる!」という負けず嫌いな気持ちが自分を動かす原動力となっていたのは否めません。

こういう意識を嫌う人もいますが、結局やったもん勝ちですからね!「自分の場合はこうした方が勉強のモチベーションがあがる!」というやり方がある場合には周りの目を気にせず取り入れましょう!(他の人に迷惑かけるのはNGですよ!)

周りとペースを合わせてたら勝てない

公認会計士試験はある意味で戦争です。ボーダーが最初から決まっていてその点数さえ取れば全員受かる試験とは違い、合格者の枠には限りがあります。

そんなことは今更言われなくても分かっているとは思いますが、「みんなで受かるといいね!」という気持ちで戦っていては勝てません。まず自分が受かるために「どうすれば他の人と差をつけられるか」を考えて取り組みましょう。

かといって無理し過ぎてはいけませんけどね!自分の体調と相談しながら、うまくやっていきましょう。

直前にやるべきことは基本のおさらい

短答式試験を受ける人は、この時期に新しい知識を取り入れるのは非常にリスキーです。

本番前に「あれもやらなきゃ!これもやらなきゃ!」と慌てふためいている人が本番で十分なパフォーマンスを発揮することは難しいって誰でもわかりますよね。

ということで、口うるさく言っているとおり基本のおさらいに時間をかけましょう!

基本問題こそ本番での合否を分けるカギであり、普段難しい問題を解いている人こそ意外と基本問題でとりこぼすものです。

テキストレベルの問題が出てきたら100%正答することができるか自分に問いかけてみて、自身を持ってYES!と言えるところまで突き詰めていきましょうね!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。