公認会計士試験直前期こそ健康的な生活を送ろう!焦って自滅は話にならない。

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

監査法人も本格的な繁忙期に突入したことで、平日夜遅くまで働き、休日返上で働く人も増えてきました。

私もその一人ですが、二年前と比較して体力なくなったなぁと凄く感じます。

睡眠時間を削ると翌日のパフォーマンスが著しく悪化しますし、監査チームの人が風邪をひこうものなら私もすぐうつされてしまうという。

おかげで今まさに風邪ひいてます…。

気候変動が激しかったので気を付けていたのですが、溜まった疲れが出てしまいましたね。皆さんも気を付けましょう!

…さて、とうとう今日で4月が終わります。

短答式試験を受ける人もそうでない人も、追い込み時期に入っているのではないでしょうか。

勉強方法は置いておいて、どうしても無理をしてしまう時期だと思いますので、今回は直前期の体調管理について書いていきます!

スポンサーリンク




睡眠時間を削るのはNG

当たり前の話なんですが、睡眠時間を削るのはNGです!

焦りが先行して睡眠時間を削ったりしてませんか?悔いのないよう勉強に時間を割きたい気持ちは分かりますが、ここで体調を崩したり本番で頭が回らない状況に陥ってしまったら最も後悔が残ります。

公認会計士試験の試験範囲は膨大であり、どれだけやっても完璧に辿り着くことはありません。

ギリギリを攻めて大失敗するくらいであれば、余力を残して本番を迎えることがベターといえるでしょう。

…なんて偉そうなことを言いながら私も結構寝る時間を削るタイプの受験生でした。短答式試験も合格できたから良いものの、正直よく体調崩さなかったなぁと思います。

そのうえ、直前期に睡眠時間を削ってまで勉強した成果があったかというとそんなこともありませんでした。

むしろ稼ぎ科目である企業法の点数でくだらない取りこぼしをしてしまい、「やらかした」とヒヤリした記憶があります。

こんなことで落ちてしまっては一生後悔しますので、ちゃんと睡眠時間を取ってベストな状態で試験を受けましょうね!

長風呂とストレッチは鉄板

睡眠時間をちゃんと取ることの他に、血液の巡りを良くすることも大事です。その中でもオススメなのが、長風呂とストレッチ!

危うく女子力を高めてしまいかねないですが、勉強ばかりしていると筋肉が衰えてしまい、血の巡りも悪くなってしまうので頭の回転も遅くなってしまいます。

そんな生活に長風呂とストレッチを加えることで勉強の効率を高めることができますし、睡眠もよく取れるようになります!

また、病みがちなメンタルも回復してくれるので、直前期ほどオススメしたいですね!

そんな時間ないよー!って思うかも知れませんが、長風呂しながら問題を解くことだって可能ですよね。

直前期ほど今まで以上に健康的な生活を心掛けましょうね!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。