七里ガ浜のフリーマーケットに会計士が行って感じた顧客とのつながりについて。

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

昨日、神奈川県の七里ガ浜フリーマーケットに行ってきました!

フリーマーケットというと、「昔着てた(使ってた)けどもう使わない服や、おもちゃを格安で中古販売」するというガレッジセール的なものをイメージすると思いますが、最近のフリーマーケットって全然そんなことないんです。

自作のオシャレなアクセサリーやバッグなどが2,000円以内で色々売られている感じで、特に若い女の子には人気が高いようですね!

私の妻もアクセサリーを自作してネットショップ販売していますが、七里ガ浜のフリーマーケットではリゾート系というか海系というか湘南っぽいアクセサリーのお店が数多く並んでいるので、インスピレーションを得るという意味でもとても楽しめました!

ホームページを見ると、真冬であっても毎週第2、第4週末に開催されているようなので、季節を問わずリゾート系のアクセサリーやバッグを見に行きたい人にはオススメです!(真冬の海辺はとても風が寒いですけどね…笑)

さて、そんな七里ガ浜のフリーマーケットに行ってみて、ビジネスにおいて人と直接つながることの大事さを改めて感じました。

スポンサーリンク




インスタからのお客呼び込み、逆にインスタへのフォロワー呼び込み

ひと昔前はフリーマーケットを開催してもその場で売れなければそれで終了だったと思うのですが、今は必ずしもそこで売ることだけが目的ではないように目的ではないように感じました。

今の時代、自作商品を販売する人のほとんどはインスタやfacebookのアカウントを持っているので、そこでファンになってくれた方と直接交流する場としてフリーマーケットを利用することで更なる収益アップに結びつけたり、逆にフリーマーケットで自分のお店を知ってもらい、SNSアカウントをフォローしてもらうことで新規ファンの獲得に結びつけたり、陰の努力がある模様です。

ネットショップの欠点は実物や販売者の顔が見えないことですが、フリーマーケットのような場を利用することで上手く欠点を補っているように見受けられます。

七里ガ浜フリーマーケットの場合は出店費が2,500円(車ブースだと4,000円)ですが、使い方によっては広告宣伝費としてそれ以上の効果をもたらしてくれるのではないでしょうか。

今や誰でもショップオーナーになれる時代

「好きなことで稼ぐ!」というとすごく壮大な話のように聞こえますが、上記のような自作アクセサリー販売というのは「自分の好きなことをしてお金を稼ぐこと」のは一例として挙げられますよね。

いきなり自分の趣味だけで生活費の全てを稼ぐことは難しいと思いますが、正社員であってもママさんであっても自分で小さなビジネスを始めることのハードルが驚くほど下がっているので、「ちょっとやってみました!」くらいの勢いから始めても良いと思うんです。

そうすることで自然と「販売価格をいくらに設定するか」、「原価はいくらかかった」というビジネスの感覚を自然と身につけられるので、教科書を読んでいるよりよっぽど実践的ですし何より退屈しません!

楽しく何かを学べるってというのは本当に大事なことです。

あ、ちなみに妻のネットショップはSara’s Accessoryというお店でこのようなアクセサリーを販売してます!

海系のアクセサリーを安く販売しており、実際にプライベートでも自身で利用しているものばかりなので、良かったらお試しください!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。