USCPAの価値、魅力と取得後のキャリアについて

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

前回、USCPAの試験概要についてグダグダ書いていきましたが、その時に協力してもらった知人にUSCPAの魅力や取得後のキャリアについて色々聞けたので今回はそれを記事にして共有しようと思います!

スポンサーリンク




USCPAの価値、魅力について

私は最近まで「外国にでもいかない限りUSCPAを活かせる場所なんてそうそうないんじゃないか」と思っていたので、USCPAの資格に対して価値を感じていませんでした。

所属する監査法人にUSCPAの方がゾロゾロと入ってきたことでようやく「監査法人ならUSCPAでも公認会計士と同じように活躍できるのかも知れないな」と思えるようになりましたが、未だにその価値をあまり認識できていないのが本音です。

USCPAを狙いに行く人はどういったところに価値を感じているのでしょうか?

この疑問をストレートにUSCPAである知人に聞いてみたところ、「USCPAは国際資格として世界における認知度が高いことが一番魅力」と答えてくれました!

というのも日本では公認会計士>USCPAという構図が確立していますが、世界レベルではまだまだ日本の公認会計士がどれほど能力ある人達なのか正確に認知されていないらしいです。

そのため外資系企業の採用担当者も「USCPAのレベルは知っているけ、日本の公認会計士のレベルは分からない」ということが結構あるそう。

あとは最低限の英語ができる証明にもなるので、日本と韓国でしか注力されていないTOEICを頑張るよりもリターンが良いとのこと。

「海外で活躍したい意志があるならかなりオススメできる資格!」とまで言ってたので検討する価値がありそうですね!

USCPA取得後のキャリアや携われる業務

では、USCPAになるとどういう仕事に携わることができるのでしょうか。

これについては監査法人の人手不足も後押しして、若い人であればPwCといった監査法人に入るケースが一番多いようです。

IFRSの導入支援などは今まさに求められてますしね。

実際に私の身の回りにもUSCPAが増えてきてるので、いずれは「USCPAになったらまずは監査法人!」と当たり前に言われるようになるのかも知れません。(というか当の本人達は既にそう思ってるのかも知れません。)

また、外資系企業への転職や経理・財務部門への異動、社内に残り海外転勤のきっかけにする人達もいるとのこと。

転職市場におけるUSCPAの評価は「海外MBAと同等」と言われているそうなので、視野を海外に広げれば広げるほど無限大に活躍のフィールドが広がりそうですね。

ちなみに知人の身の回りには海外文書の翻訳家、外資系企業のCFO、外資系企業の監査役などで活躍している人がいるらしく、これだけ見てもUSCPAならではのキャリアだなぁと感じます。

公認会計士試験より受かりやすく、時代にもマッチしている!?

知人の話が上手いということもあるのですが、私が想像してたよりも遥かにUSCPAの活躍フィールドって広がっているんですね!

考えてみればこれだけグローバル化が叫ばれてるので当たり前といえば当たり前。

また、公認会計士試験の難易度を理解している外人は「あんなに難しい試験を突破できるのに、何で語学で一番簡単な英語ができないんだ」と不思議がるという話もあるくらいなので、USCPAこそ時代にマッチしているのかも知れませんね。

そんな魅力的なUSCPAについて、大手予備校であるTACとアビタスでは無料説明会を定期的に開催しています!

しかも、アビタスの無料説明会に参加すると初めてであれば定価1,080円(税込)するUSCPA解説書なるものが無料でもらえるらしいので、参加するだけしてみては如何でしょうか?

海外志向がある人は是非検討してみましょう!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。