公認会計士試験合格者でも専業主婦を養えるのか!?

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

公認会計士試験の受検勉強をしていると、「合格したら○○できるのに!」みたいなことをよく考えませんか?

私は「ゲームたくさんできるのに!」って毎日のように考えていました笑

私みたいな願望であれば「勝手にやれよ」の一言で終わりなんですが、公認会計士試験の合格を機に結婚する人って少なからずいると思うんですよね。

確かに良いきっかけではあると思うんですが、正直「自分一人の力だけで二人が今後食っていくことはできるのか」と不安な人もいるんじゃないでしょうか。

逆に、相手が自分を養う能力があるのか不安な人もいますよね。

そこで今回は、公認会計士の肩書がない「公認会計士試験合格者でも専業主婦を養えるのか!?」という直球な疑問にお答えできればと思います!(監査法人に勤めていることを前提として書いていきます。)

スポンサーリンク




少なくとも毎月28万円の手取り

いきなりどストレートな話ですが、公認会計士試験合格者だと監査法人で少なくとも毎月28万円の手取り収入があります。(みなし残業代が支払われる監査法人は除く。)

監査法人は家賃負担等の福利厚生が期待できないので、生活を守るために積極的に残業する人もいますが、残業代は月ごとにバラバラですので安定的に生活できるか(養えるか)という点を考えるにあたって今回は影響を除外しますね。

これに対して固定費として以下のような金額が想定されます。

家賃 9.0万円
食費 7.0万円(二人分)
電気代  0.6万円
水道代  0.4万円(一ヶ月分)
ガス代  0.6万円
交通費  3.0万円
通信費  1.0万円(スマホ2台、固定回線1契約)
消耗品  2.0万円(生活用品など)

※なお、特に生活を切り詰めるとか考えずに生活した場合で考えてますので、「これ無駄遣いでしょ」と感じるものがあってもスルーしてください笑

ザックリ計算ですが、二人分の生活費を合計するとだいたい23.6万円くらいは固定費として毎月発生するんじゃないでしょうか。

そうなると残りは4.4万円で一ヶ月過ごすことになりますよね。

貯金・投資を考えると結構厳しいなぁと思うかも知れませんが、変動費でガッツリ持っていかれなければ少なくとも毎月4万円自由に使えるとも言えますので、正直「養えない」なんてことはありません!

なので二人暮らしの場合であれば、都心へのアクセスが良い場所に住んで、普通に生活するくらいは余裕にできます。仮に子供もいると固定費をガッツリ削る必要がありますが…

やりようはいくらでもある

これを言っちゃおしまいなんですけど、正直やりようはいくらでもあるように思います!

上記で計算してみたとおり、見込み手取り収入から固定費を差っ引いてもある程度の金額が残りますし、これに残業代が上乗せされれば旅行に行ける余裕も出てきますよね。

なので、改めて考えると「普通に養えるじゃん!」と個人的には思ってます。

結婚式やる!とかだとまた別のお金が必要になるので話は変わってしまいますが、「二人で楽しく生活する」くらいはできるんだということを理解いただければと思います!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。