公認会計士試験の勉強に限らずアウトプットを意識して生活すること

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

繁忙期と出張のコンボで忙しない日が続きましたが、今日は久しぶりに定時後の時間に余裕ができたため祖父とお茶してきました!

我ながら今年もよく乗り切った!おつかれ私!

本当毎年慣れないなぁ…。

まぁそんな話は置いておいて!今回は人生においてアウトプットがとても大事というお話を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




何事においてもアウトプット

突然ですが、試験勉強において大事なことと言われたら何が思い浮かびますかね?

勉強時間?効率?睡眠?…色々あると思うんですけど、結局大事なのはアウトプットすることですよね。これは皆さんご存知の通り。

その一方で、自分が吸収した知識や聞いた話をアウトプットしたり、行動に移す(これも一種のアウトプットといえます。)ことを明確に意識している人ってあんまり多くないように思います。

最近だとTwitterやFacebookといったような自分の脳内にある考えをアウトプットできるツールがあるとはいえ、特に明確な出来事がないのに更新したりすると友達に嫌がられるので閲覧しかしない人も多いのではないでしょうか。むしろ「何書けば良いかわからない」って人も多いですよね。

私もどちらかというと「何書けばいいのかわからない」というタイプなんですが、このブログを始めたことでアウトプットの大事さをとても感じることができました。

ブログを始めるまでの私は、知識をひたすらインプットすることに意識を向けてきたんですけど、アウトプットしない知識ってビックリするくらい一瞬で風化するんです。

なので、大学時代に結構な量の本を読み漁ったのにも関わらず頭に残っているものは何もありません。

考えてみれば当たり前なんですが、アウトプットをするためにインプットがあるので、脳みその構造としても使わない知識なんて頭に留めておく理由がない訳です。

使わない物を買ってもすぐタンスの奥底に封印されるように、スポーツ選手の動画だけ見てもスポーツが上手くならないように、世の中の全てのことはアウトプット(使用、行動も含む)するための入り口としてインプットがあるんです。

アウトプットしないと物置がパンパンになって何も入らなくなりますしね。

私の場合はブログを始めてからインプットも捗るようになりましたし、一度インプットしたことはやっぱりなんだかんだ頭に残ってますので、人生を豊かにするうえでアウトプットを意識し続けることは本当にオススメします!

行動することはアウトプットと同義

世の中で「成功している」といわれる人たちは、口を揃えて「行動あるのみ」と言いますよね。

簡単なようで難しい話ですが、これも結局アウトプットと同義です。

現実的な話として、投資の本や自己啓発本を買って奮起する人は多いですが、そこで得た知識をアウトプット、つまり行動に移す人って本当に少ないと思いませんか?

なので、逆に言うとアウトプットを意識して日々過ごせば周りから一歩抜きん出ることができるわけです。

意識すれば明日からでもできる話なので、ブログでもSNSでも良いので、そういう機会を自らつくってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。