監査法人での繁忙期を乗り切るために、支えてくれる人にやってほしいこととは。

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

あっと言う間に6月に突入し、年を重ねるごとに時の流れの早さを感じます…。

6月も金商法に基づく有価証券報告書検討作業が残っているので完全に終わった訳ではありませんが、監査業界としての繁忙期も一旦落ち着いたと言える時期ですね。

繁忙期が大変なのは毎年変わらないんですけど、今年は妻のサポートによりメンタル面で助けられた局面が多かったように思います。

そこで今回は、繁忙期に支えてくれる人には「こうしてほしい!」と思ったことを書いていきます!

スポンサーリンク




何よりも目を休める時間と睡眠時間がほしい

これを言ったらおしまいという気もしますが、個人的には目を休める時間と睡眠時間が何よりもほしいです笑

繁忙期中は目を酷使する他、睡眠時間を削って仕事をすることにもなったりしますので、常に疲労困憊で働き続けてる人がとても多いです。

なので、同期・先輩に聞いてみても「何も考えずゆっくり寝ていたいよね」と言う人がたくさんいますね。

私自身の事を考えてみても、繁忙期中って休みの日でも何だかんだ仕事の事を考えてしまうので、現実逃避するために睡眠を取ることもメンタルのうえで凄く大事だと思います。

もし自分の恋人がこのような状況になったら、「繁忙期で滅多に出掛けられないんだから、休みの日くらい相手してよ!」って思うかも知れませんが、疲労で免疫が下がっている分、無理に連れ出すと体調を崩してしまう可能性が高いです。

遊びたい気持ちは分かりますが、「あまりに疲れてるな」と感じる場合には、しっかり休むよう優しく手を差し伸べてくれると、こちらの立場としては凄く嬉しいですね。

また、同期に「支えてくれる人に繁忙期中にやってほしいことって何?」と聞いてみたところ「一緒に飲みに行ってほしい」と答えてくれた人もいました!

お酒好きな人はやっぱりそう思うんですかね?

私はお酒が全く飲めないのでその気持ちは分かりませんが、お酒を飲むことで普段溜め込んでいた不満を吐き出せる人たちもいますからね。そうすることでメンタルが回復するなら大事なことと言えるでしょう!

他には、「恋人とデートすることで一気に元気になる!」と答えてくれた人もいました!

これは私も同意しますが、朝から晩までガッツリ遊ぶのは体力的に厳しいので、のんびりデートだとなおさら嬉しいというのを付け足したいです笑

本人が一番「休まなきゃダメ」なことを分かってる

逆に、こういうのはやめてほしい、という点では「ちゃんと寝なきゃダメだよ」とか、「遅くまで働き過ぎ」といったように怒ることが挙げられます。

「休まなきゃダメ」なことくらい本人が一番知っていますし、そこまでしなきゃ終わらないから休日まで仕事をする訳です。

なので、支えてくれる側の人は注意したい気持ちをグッと抑えて、「無理し過ぎないでね、お疲れ様」という労いをしてあげることを強くオススメします!

また、平日も休日も働くのはとても体力、精神力を消耗するので、同棲等している場合にはなるべく本人を休ませてあげましょう。

家でくらい休ませてあげないと、壊れちゃいますからね…。

人それぞれだけど、疲弊しているのは皆同じ

ストレス解消法や休息法は人それぞれですけど、結局のところ皆疲弊しているというのは同じです。

なので、支える側の人はなるべく相手に寄り添って居心地の良い場所づくりをしてあげるのが大事かなぁと思います!

公認会計士側の人は、一日中寝ているより多少疲れていても外出して外の空気を吸う方が回復することもありますので、自分の体調を踏まえながら遊ぶべきか休むべきか判断しましょうね!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。