「人生はギャンブル」!挑戦する時のメンタルセットとリカバリーについて。

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

今日はプライベートで全く別業種の人と食事をしてきたんですが、風貌もさることながらなかなかぶっ飛んだ感じの方でとても楽しかったです!

普段何気なく過ごしているだけでは接点がない人と触れ合うというのとても刺激になりますね。

そんなこんな色々話をしているうち、メンタルをどうやって安定させるかという話になったのですが、その時聞いた考え方が面白かったのでちょっと紹介します!

スポンサーリンク




世の中はギャンブルと一緒

何か物事を始めるときに「駄目で元々」って前置きをすることが多いかと思いますが、本気でそう思ってる人ってほとんどいないですよね。

基本的に「うまくいってほしい」とか、「なんかうまくいきそう」みたいな期待があるから物事を始めるわけで。

なので、一度期待していたことが本当に駄目だった時は酷く絶望したりしませんか?(私はよく絶望してます。)

こうなってしまうと新しい事に挑戦する気力も湧いてきませんし、「どうせ次も駄目だ」とすぐ諦めるようになってしまいます。

これに対してその人はどうしているかと言うと、人生は全てギャンブルと同じだと考えるようにしているそうです笑

言ってしまえば、「駄目で元々」ではなく「当ててやる!」という勢いで頑張って、仮に失敗したとしても「またBETすれば良いや」くらいの気軽さとゲーム性を持てば深刻にならずに済むという話でした。

確かに、私達は失敗が少し重なると「何も出来ない。生きてる価値がない」と命を取られるかのように深刻に考えてしまいがちですが、人生で起こりうる失敗のうちたった一回がその時起きただけです。

人生を棒に振るレベルの失敗を起こせる人であればそれだけ肝が座ってると言えますので、そういう意味ではほとんどの人が再起可能な状況で「もう終わりだ」と思い込んでると言えます。

パチスロであれば10回外れても淡々とBETし続けますし、ゲームする台(場)を変えたり、そもそも外に休憩しに行ったりします。

その感覚で物事に挑戦した方が精神の安定を保てますし、本人も気楽にやれますよね!

結局失敗しても死なない

私もメンタルが弱いのでなかなかこの言葉通りに気持ちをコントロールすることは出来ませんが、一回一回深刻に悩んでいたら潰れてしまうのは時間の問題ですよね。

私も落ち込むときはとことん落ち込むんですが、ふとした時に「結局のところ失敗をどれだけ積み重ねても死ぬわけじゃない」という発想が出てくるので、何だかんだすぐ回復します。

ギャンブルの話も、死ぬわけではないという話もそうですけど、どこかで自分で納得して受け入れることが一番メンタルに優しい対象法のように思います。

失敗しちゃ駄目って言い聞かされてきた人たちも、逆に失敗を積み重ねることで「あ、別に平気じゃん」と思えるようになりますので、深刻に考えず気楽に挑戦する姿勢を保ちたいですね!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。