バリ島滞在記 ブルガリリゾートバリでアフタヌーンティー!

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

バリ島滞在中に、ラグジュアリーホテルであるブルガリリゾートを訪れたので、今回はその紹介をします!

スポンサーリンク




一泊10万円以上!

ブルガリといえば、香水や財布、バッグなどで有名なラグジュアリーブランドですよね。

そのブルガリの名を冠するホテルですから、一泊10万円以上と非常に高額な宿泊料金も頷けます。

それだけの高級リゾートホテルなので、アヤナリゾートのようにワイワイ賑わっていることもなく、とにかく静かな空間に包まれています。

宿泊するのがヴィラなのでその外に出る必要が全くないことも理由の一つだと思います。(ヴィラは、バトラーという専任の客室スタッフがついてくれる戸建タイプの貸別荘です。)

なので、30代を過ぎて都会の喧騒から離れたリゾートに足を運びたいという夫婦にはピッタリかも知れませんね。施設全体としても黒を基調としたシックな雰囲気で落ち着きがあります。

また、フロントから敷地内の各ヴィラまでかなり高低差があるので、バギーを手配してもらい移動することなります。

カフェバーには宿泊者以外も入ることが可能

そんな高級リゾートホテル、なかなか宿泊することが難しいですよね。

でも、施設内のカフェバーでお茶を楽しむことは宿泊者以外でも可能です!

コースメニューであれば一人当たり1万円弱払うことになりますが、アラカルトメニューであればドリンク一杯800円程度から選ぶことが可能なので、ちょっと高めではありますがアフタヌーンティーを楽しむことができます。

また、カフェバーの近くには直下に海を眺められるプールがありますので、プールで泳ぐことはできませんが写真を撮ることは可能です。

トイレには石鹸の他にローションが常備

トイレの手洗い場に石鹸があることはどこでも当たり前ですが、ブルガリリゾートのトイレにはなんとハンドローションも常備されています。

そのため、石鹸で手を洗った後にはハンドローションを使って手の保湿をしっかり行うことができます!

ちなみに、私はハンドローションの香りが好きではなかったのですが妻は良い香りと言ってました。保湿力はしっかりあります!

若者向けではない…

上記のとおり宿泊料金、施設内の雰囲気からして若者向けのリゾートホテルではないと感じました!

ワイワイ騒いでる観光客もいませんし、ヴィラで生活を完結できるため、「楽しい!」と思えるようなスポットも特にないです。

繰り返しになってしまいますが、落ち着いたリゾートホテルでラグジュアリーなもてなしを求める夫婦向けといった感じですね。

実際に現地のガイドさんに聞いてみても、お金がある若者はアヤナに泊まった方が良いと話してくれました。

なので、泊まるかどうかは置いておいて、取り敢えず行ってみたい!という人は私のようにお茶しに行くことをオススメします!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。