結婚してから一年が経過。公認会計士の妻が今まさに感じている不満を聞いてみた。

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

年明けくらいに、妻に対してインタビューを実施し以下の記事を書きました。

旦那が公認会計士!オススメできるのか人妻にホンネを聞いてみました!

あれから半年以上が経過し、私たちが結婚してからも一年以上経っているので、振り返りも込めて本人に記事を書いてもらうことにしました!(なお、今回はあえて嫌なことにフォーカスしてもらってます!)

スポンサーリンク




生活スタイルがバラバラなこと

早速ですが、一番の不満は生活スタイルがバラバラなことですね。

起きる時間が日に日に変わって安定しないので、「明日は何時起きなの?」と気にしなきゃいけないのがなかなかストレスです…。

アラームを毎日変えなきゃいけないのも意外と面倒なんですよね…笑

また、夜帰ってくる時間も結構安定しないんです。

早く帰ってくるときは嬉しい気持ちはあるものの、自分の仕事の日と重なると一息つく間もない。

かといって、帰りが遅いとそれまで待っていなきゃいけないので、眠い…。

これは夫が監査法人に勤務しているからだと思うんですが、本人だけではなくそれを支える私も生活を合わせなきゃいけないのは結構大変ですね。

極力仕事を持ち帰らないでほしい

次に感じる不満は、帰宅してからも仕事漬けなことがあることです。

繁忙期含め極力早めに帰ってくるように努力してくれているのは分かりますが、やっぱり家にいるときくらいは休んでほしいのが正直な気持ち…。

日付を跨いでも平気で仕事をし続ける姿を見てしまうと、やっぱり心配になりますよね。

また、繁忙期中は夢でも仕事のことばかり考えているのか、寝言で仕事の話をしてたり、いきなり電話の応答(電話がかかってきてないのに)をしたりすることもあるくらいなので、「本当に休めてるのかな?」って不安を感じます。

むしろ私的には、寝ながらいきなり笑い出した時の方が「だいじょうぶかな?」って思いましたが…笑

お金の話にかなり現実的

続いての不満は、お金の話になると、途端に思考が現実的になることですね。

もちろん職業的にも、家計を考えるという意味でも、現実的にお金のことを考えることも大事だとは分かってはいるけど、夢の話に花を咲かせたい時だってあります。

「来年はヨーロッパ行きたいね!」とか、「温泉旅行行きたいね!」とか。

そんな時に「貯金が◯◯円だから…」とか、「今の稼ぎが◯◯円だから…」とかいう話をされるとゲンナリしてしまう…。

「今あなたに求めている回答はそうじゃないの!」と怒鳴りたくなる時がありますね笑

暗算できないの?

最後は笑い話になりますが、公認会計士なのに「暗算できないの?」と思うことがあります笑

仕事で慣れているからか何かと電卓とエクセルに頼ろうとするので、そういったツールがない時に暗算を求めると「うーん…」と唸ること数秒。

結果として私の方が早いなんてことがチラホラ。

「一応、会計の専門家なんだからそれくらいはできた方が…」なんて思ってしまったりします笑

あと、お金を数える仕事もあるとのことなので、レジの店員さんと同じようにお札を弾いて数えるようにもなってほしいなと思いますね…笑

私からは以上です。

ぐうの音も出ない…

あえて言いたい放題言ってもらいましたが、うーん。ぐうの音も出ないですね…。

今回の意見を真摯に受け止めて、これからの将来をより良くしていけるよう頑張ります!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。