これは議論なのか喧嘩を売っているだけなのか。監査法人に入ってから反省していること。

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

監査法人の良いところだなぁって個人的に感じること。

それはやっぱり、一年目から上司と議論する機会を与えてもらえることだと思います。

仮に間違っていたとしても、「あれ、こうだと思うんだけど…違うのかな?」と思うことがあれば、上司を巻き込んで議論ができる。

こういう場があればあるほど成長できますから、本当に良いことだと思いますし、私も色々な局面で利用してきました。

ですが、監査法人に勤務して四年目ともなると反省もぽこぽこ出てきます…。

スポンサーリンク




これは議論か。喧嘩を売っているのか。

年次が高くなるということは部下が増えていくということ。

ありがたいことに私も数年間関与し続けられている現場が複数あるので、その現場のメインスタッフとして部下を指導する機会が年々増えてきました。

それなりに業務に携わっているため、「なんでも聞いて!」というスタンスで現場に居座わり様々な質問や相談に乗っていますし、部下からの相談を受けてチーム全体の議論に仕向けることだってあります。

ですが…

どうしても相性が良くない部下って何人かはいるものですよね!?

少なくとも私にはいます…。

その場における議論と、その部下の今までの仕事ぶりは全く関係のない話なんですが、「あの人はずっと的外れなこと言っている」という偏見が一度染み付くと、その議論における意見もフラットに聞けないものです。

ちゃんとした大人はそんなことないんでしょうけど、私の場合2〜3年目はまさにこの状況に陥ってました。

結果として部下が合っていたとしても、「そんなことはある訳ない」といった論調で真っ向から対立したこともあります。

これでは議論ではなく、ただ喧嘩を売っているだけですよね。

本当に酷い上司だったなと反省しています。

(一応、その後本人に謝らせてもらったものの、本当に情けないなと未だに引きずってます…。)

議論は人と戦うものではない

上記は私自身の反省ですが、結構無意識に起こり得る話だと思ってます。

例えば、自分の仲良い友達が「俺は世界平和を本気で願っている」と言ったら共感するのに、とあるファッションサイトの経営者が同じことを言うと猛烈なバッシングを受けるように。

同じ意見なのに発言者が異なるだけで受け手の印象がガラリと変わる。

これは会社における議論や、学生の時に行うディベート大会なんかでも同じ話です。

自分の支持する人間が言った意見には全力で乗っかるのに、同じことを対立する人間が言うと全否定する人、周りにいませんか?

このような場合、その人は私と同じように、意見の内容を踏まえて反証している訳ではなく、その人に喧嘩を売っているだけです。

正直、ベテラン公認会計士であってもこういう人は少なからずいますので、議論中にムカッときて言い返そうと思った場合に今から自分がやろうとしていることは議論なのか、喧嘩を売ることなのかを判別できる冷静さを常に持ちたいですね。

受験生においては、合格してから私と同じ轍を踏まないよう、この記事の内容をたまに思い出していただけたら嬉しく思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。