中小監査法人の「何でもやれる」は「何でもやらされる」でもある。

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

今年の公認会計士試験 論文式試験も終わり、一気に法人説明会の時期ですね!

私も受験勉強中は友達との交友をほとんど絶っていたので、そもそも人とたくさん話すこと自体が久しぶりであったり、勉強から解放されたこともあったり、論文式試験が終わった途端に生活が丸々変わった記憶がありますね。

このように環境がガラッと変わるなかで今度迷うのが監査法人選び!

やっぱり無難に大手か、はたまたアグレッシブに中小へ飛び込むか…。

私もさまざまな監査法人の説明会に行きましたが、毎日第一希望が変わるくらいフラフラしてました!笑

皆さんも同じ状況かとは思いますが、大手志向の人であっても中小に行こうか迷う理由の1つとして「中小だったら何でもできる」という謳い文句がありますよね。

ただ、ネット上の情報を見てみても「何でもできるというのは、何でもやらされること」と書いてあったりして、実際のところどうなんだろう?と考える人も多いはず。

そこで今回は、中堅監査法人に所属している私が正直ベースでのお話を書いていきます!

スポンサーリンク




何でもやらされる側面はある

結論からお話すると、何でもやらされるという側面はあります。個人的には、何でもやらなきゃいけないという感覚の方がしっくりきますが。

若い年次の視点でいうと、人繰りの問題で監査手続の意図を理解できてない1〜2年目に重要な科目を任せることがよくあるので、「本当に検証できているの?」という疑念を抱くことは少なくないです。多少無理な働き方を強いられることもあります。

逆に年次の高い人達の視点でいうと、7年目くらいのベテラン公認会計士であっても、自分の現場に部下が少なく、残確チェックしたり、実査したり、調書整理したり、などということはありますね。チマチマした事務作業もやらなきなゃいけないこともあります。

でも、これらだけを見て「やっぱり中小はダメだな」と思うのは違うのかなと。

まずもって、「中小に行って何でもバリバリやりたい!」というアグレッシブな意志を持っている人が、年次相応の仕事だけをやりたいのかと言うとそんな事ないと思うんですよね。

「早い年次のうちにたくさんの経験を積んで、周囲の人間に差をつけたい」

どちらかと言うと、こちらの方が本人が望むキャリアですよね。

そういう意味では、私も中堅に入ってみたら「自分が思うよりも働かされた」感覚がありましたが、その分やりたい事やらせてもらえる風土もあるなぁと感じてます。

大手の事は知りませんが、例えば「あの業種の監査やりたい!」と思った時に携わってるパートナーや主査のもとに「アサインくれ」って気軽に言えるのは大きいように思います。

なので、早いうちから「〇〇をやりたいんです!」という強い想いを持って上司にアプローチすれば、そのようにアサインを組んでもらうことができますので、監査法人選びという意味では私は中堅に行って良かったと改めて感じますね。

もちろん最初は自分が置かれた環境で成果を出すことが必要ですが、入所してからも自分が描くキャリアプランに合わせてやりたいことを選択できることって大きな魅力ではないでしょうか?

実際に「自分が何をやりたいか」なんて一度経験してみないと分からないでしょうし、一度何でもやってみることで改めて「何を続けていきたいか」考えることが大切なんじゃないかなと。

なので、私の個人的な意見としては、「え、何でもやらされるからダメ?むしろバッチコーイじゃない?」といったところです。

まぁ、私もシニアスタッフとして働いていて「これ俺がやらなきゃダメ?」みたいに思う仕事もありますが、最近はアシスタントさんを上手く活用させていただくことで効率化できますしね。そんな悲観的な話にはなってません。

中堅監査法人はそんなに悪いところじゃないよ!

ネット上の情報だけですと、どうしても大手監査法人出身者(もしくは在籍者)の方が多いので、「大手一択。売り手なのに大手行かないなんてありえない。」みたいな論調になっていますし、実際に大手には大手特有のメリットが沢山あるんだと思います。

クライアントが多いということはモデルケースが多いということでもありますし、専門知識のデータベースという意味では中堅よりも遥かに整っているんじゃないでしょうか。

ただ、そのメリットを上手く活用できる人ってどれだけいるんでしょうね。というお話でもあるのかなと。

私も大手の情報を耳にすると「やっぱりすげーな!」と思うことが多々あります。

だからといって、中堅監査法人に入って後悔しているかというとそんなことはありません。

私がやりたい事やってるという背景もあってか、色々な職階の人と触れ合えましたし、今でもちょっとしたことでパートナーの席に立ち寄ってお話したりしてます。つまり風通しめっちゃ良いです。

なので、仕事がキツいと感じることはあっても、「人間関係のせいで辞めたい」という事にはなりません。(これ、意外と大きなことです。)

大手から中堅に転職してきて「あっちはクソだった」みたいに話す人もいるので、正直どっちが100%優れているということではないんじゃないでしょうか。配属される部署とかもあるでしょうし。

もしあなたが「中小興味あるけど、周りの人はみんな大手一択って言ってるし…」といった感じ迷っているのであれば、説明会だけでも来てみませんか?

もしかしたら漠然と抱いてた葛藤が晴れるかも知れませんよ!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。