公認会計士試験で独学合格は狙うな!最初から大手予備校に通うのが最も近道!

スポンサーリンク

「半年独学して公認会計士試験に合格してやるぜ!」

「予備校代高いし、独学にしよう!」

私と同じくらい流されやすい人に向けた記事です!


こんにちは、独学で簿記1級の勉強をして大失敗した会計士そらです!

大学一年生もそろそろ夏休みが終わり、後期の生活が始まる頃ですね!

大学一年生の時の記憶ってほとんどありませんが、実力はともかくとして「勉強しなきゃ!」という気持ちが強かったことだけは覚えてます。

今は公認会計士として仕事をしている私ですが、公認会計士を目指そうと思ったのは大学入学前です。その時は漠然と「いつかは公認会計士になりたいな」くらいの感覚でした。

そして、その夢を実現するべく大学入学とともに独学で簿記1級の勉強を始めるのですが、思うように進まず…。

結局、大学3年生の終わりになって公認会計士の講座に申し込むまで、簿記の試験に合格したことが一度もありませんでした。改めて振り返ると酷い有様ですね笑

まぁそれはともかくとして、大学生のうちから公認会計士試験の合格を目指す人って多いかと思います。

そこで今回は、簿記1級の独学を経て公認会計士試験に合格した私が、公認会計士試験に独学をオススメしない理由を書いていきます!

受かりたかったらさっさと大手予備校に申し込みましょう!

スポンサーリンク




独学合格できる人は稀

当たり前の前提からお話をしますと、公認会計士試験に独学で合格できる人は本当に稀です。

受験において最も大事なことは自分の実力を見極めて、そのレベルに合った勉強をすること。

それにも関わらず、私のように「資格試験「半年・独学」勉強法」といったような本を読んで、「俺も半年で公認会計士試験に合格するぜ!」と暴走する人が少なくないのが現実…。

確かに、私の知人でも数人ですが独学で公認会計士試験に合格した人はいます。

しかしながら、公認会計士試験は10,000人が願書を提出し、1,000人程度しか合格しない試験であり、その願書提出者のほとんどが大手受験予備校に通い、勉強に励んでいる人達です。

その大手受験予備校では過去の問題分析、記憶に定着しやすい講義、理解しやすいテキスト等が全て用意されており、講師が個別に受験生の質問・相談にも対応してくれます。

そんな人たちを相手に独学で戦って勝つことができる人は滅多にいないということを肝に銘じた方が無難でしょう。

実際に私も独学で簿記1級の勉強をしていましたが、講義を受けて初めて簿記というものを正しく理解することができました。

プロの講師による詳細な説明を聞き、正しく理解をしたうえでアウトプットを重ねれば独学とは比べ物にならないスピードで勉強を進めることができます。

公認会計士試験の講座は講義数が膨大なため、「独学じゃないと短期合格は不可能」という意見は分からなくもないですが、独学で合格した人と同じ勉強法で合格を目指すのは、この試験においてリスクが大き過ぎるんじゃないでしょうか。

公認会計士試験は相対試験

これも大手予備校を進める大きな理由なのですが、公認会計士試験は相対試験です。

一次試験である短答式(マーク式)試験は7割を目安とする絶対得点で合否が分かれますが、二次試験である論文式(記述式)試験は得点率という偏差値に似た指標で合否が判定されます。

そのため、ほとんどの受験生が安定して得点する問題を間違えると論文式試験で合格することは一気に難しくなりますし、逆にどの受験生も得点できないような問題は捨てて良いということです。

この点、大手予備校に通っていればテキストや答練(模試)に優先度が記載されているので、A~B論点をしっかり固めれば論文式試験でも大怪我することはありません。

しかしながら、独学の場合はこの辺りの取捨選択がとても難しいのではないでしょうか。

ネットでは大手予備校の教材が流通してますが、公認会計士試験は試験委員がコロコロ変わるので過年度の問題だけ見て自分が受験する年の出題予想をするのは困難ですし、何より時間が勿体ないです。

大手予備校であれば受験生の代わりに講師がやってくれますので、自分は勉強に集中すれば良いだけ。

こういった戦略の面でも独学にはかなり不利な試験といえます。

大手予備校なら2年程度で合格可能!

この記事を読んだことで「独学はリスキーなんだ!」という考えが少しでも頭に入れば幸いです!

実際、やり方を間違えなければ、大手予備校であれば2年程度で公認会計士試験に合格できるというのが一般論です。

私は申し込んだ時期もあって合格までに2年半かかってますが、講座開始から10ヶ月後に受けた短答式試験で「あと1問正答してれば合格」という状態まで持っていくことができました。(その次の短答で合格。)

なので、本当に公認会計士になりたいのであれば無難に大手予備校に2年通って、その期間はガッツリ勉強するというのが王道ですね!

オススメの予備校2選!

ではどの受験予備校に申し込めば良いかと言うと、オススメが2つあります!

まず一つ目は、私も受験生時代に利用したTACです!

資格の大原も同じような規模感と合格実績を持つのですが、TACは講師が全員公認会計士試験に合格した人達というのが強み。

受験時代の苦しみも分かりますし、講義で学んだ知識が実務でどのように活かせるのかを教えてもらえるため理解が進みます!

公認会計士試験に合格してからも、実務という次のフィールドがありますよね。その時に公認会計士業界の事を何も知らないというのはちょっとどうなのかなと思います。

TACの講師陣は、講師の他に自分の本業をやっていますので、面白い話が沢山聞けますよー!

気になったら、ぜひ資料請求をしましょう!

TACの資料請求はこちらから!

もう一つオススメなのが、東京CPA会計学院です!

東京CPA会計学院は合格率の高さを売りにしている予備校であり、直近の公認会計士試験合格率はなんと44.8%を誇ります!

元々は早慶のキャンパス近くに校舎があったのですが、最近は水道橋校もできたことで今人気の予備校です。

講師陣や教材に絶対の自信を持っており、Twitterでも講師が有益な情報をバンバン呟いているのが見受けられますね。

私は実際に受講したことはありませんが、同期や後輩に聞いてみても「間違いなくオススメ!」という回答が返ってくる予備校!

私ももう一度受験するなら、東京CPA会計学院を選ぶと思います!

TACも東京CPA会計学院もおススメですが、大手予備校に通ってサクッと公認会計士試験に合格しましょうね!

東京CPA会計学院の資料請求はこちらから!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。