【公認会計士試験】私の受験勉強中の悩みトップ3と、過去の自分へのアドバイス。

スポンサーリンク

「受験勉強辛いなんて言ってたら他の人に置いていかれる…」

「お金も稼がずこんな事を続けてて良いのか…?」

特に悩みを抱えている受験生に読んでほしい記事です!


こんにちは、受験勉強中はテキスト持ち歩くことで精神の安定を保っていた会計士そらです!

公認会計士試験の勉強って、勉強量が膨大だし、数年かけてようやく合格できる人がほとんどなので、どうしても心が折れる時がありますよね…。

私も受験勉強と同じくらい、自分の精神を安定させることに苦労していました。

でも就職活動で知り合った人や、同期と話をしていると、「あんな人でも自分と同じような悩みを持ってたんだ」と感じることが多かったです。

ということで今回は、私の受験勉強中の悩みトップ3を発表します!

この記事を読むことで、「あ、私だけじゃないんだ」と少しでも安心してもらえれば幸いです。

スポンサーリンク




第3位 できない論点を一つでも見つけるとパニック!!

第3位は、自分が正答できない・理解できない論点を一つでも見つけるとパニックに陥ってしまうことです!

もともと実力がないにも関わらず完璧主義だったので、最初から復習はガッツリやってました。

しかしながら、次第に勉強科目が少しずつ増え、講義で扱う論点がテクニカルになっていくとどうしても理解が疎かな部分が出てきます。

自分では毎回復習をしっかりしていたつもりですし、問題演習もしっかりやってましたが、どうしても上手くいかない。

そんな時は「どうしよう、どうしよう」と勝手にパニックに陥り、寝ないで朝まで復習なんてことをよくやってましたね…。(その結果倒れた訳ですが)

こういう受験生って私の他にもいるんじゃないでしょうか。

そういった方に今アドバイスを送れるとすれば、正しく復習を続けていけば必ず実力はアップするということです。

脳の働きを考えてみても、睡眠時間は蓄えた知識や記憶を整理するための大事な時間。

ちゃんと寝て、苦しくても現実を直視して復習を繰り返す。この地道な作業がいずれ自分を救ってくれます。

明らかに沼にハマりそうなら一度時間を置いてから再度トライするのもありです。

何にせよ、焦ってる時こそ冷静に自分がやるべき事を見直しましょうね。

第2位 友達や大切な人と過ごす時間がない!

第2位は、勉強量が多すぎて友達や大切な人と過ごす時間がないことです!

私は受験勉強をはじめた時には大学の講義をほとんど受ける必要がありませんでしたし、卒業後に至っては自宅で延々と勉強してました。

それでも復習が追い付かなかったり、講義の消化が遅れてしまうことがありました。

それくらい公認会計士試験の勉強って大変なんですよね。

でも周りの友達はというと、「就活終わったし旅行行こー!」とか、「取りあえず飲み行こうぜ!」って感じで人生を謳歌中。

もちろん私の事を何回も誘ってくれたのですが、「ごめん、勉強が終わらないから無理」と断ってばかりだったので、次第に誘われることもなくなりました。

「どうせアイツ来ないよ」

そう言われるのはやっぱり辛かったですね。

自分が決めた事とはいえ、本当は友達と遊びたい気持ちもありました…。

こればかりはどうしようもない話なのですが、今アドバイスを送るとすれば受かってからでも生きてる人とは関係を修復できるということです。

私は大学のゼミの最中でも受験勉強をしていたので、本当に嫌なやつだったと思います。

それでも合格という成果を勝ち取った時、「お前本当に頑張ってたもんな」と心から喜んでくれた人が何人もいました。

その時にケンカした人とも、今は笑い合える関係に戻りました。

なので大丈夫。今は理解してもらえなくても、いつか分かってくれる日がきます。

第1位 お金を全く稼げていないこと!

第一位の悩みは、自分の同級生が正社員として働いているにもかかわらず、私は受験勉強に集中するためお金を全く稼げていなかったことです!

私みたいな勉強嫌いの人間は受験勉強に専念しないとこの試験には合格できないと思っていましたし、今でもそう思ってます。

受験勉強を始めた時は「合格すれば収入が逆転するから」と確信し、月に10万円程度稼いでいたアルバイトも全て辞めた訳ですが…

やっぱり大学卒業後は同級生がスーツ着ているのを見ると辛くなりましたね。

「あいつらは立派に社会人やってお金稼いでるのに自分は…」

こんな思いをいつも抱いてました。金銭面での悩みは本当に辛かったです。

今この時の自分に送れるアドバイスがあるとすれば、合格すれば収入も逆転するし、キャリアの選択肢も増えるよということですね。

公認会計士になったことで監査法人等の組織人として仕事を続けることはもちろん、一人の専門家として仕事を行うこともできます。

今は稼げなくても将来は安定して稼げるようになる。これを信じて走れって言いたいですね。

みんな少なからず悩んでる

今回は過去の自分の悩みに焦点を当てましたが、少なからず受験生はみんな悩んでます。

自分だけ心が弱いわけではないので、そこは安心しましょう。

また、悩んでることのほぼ全ては合格とともに消えます。

今は辛いかも知れませんが、結局合格することで一番自分が救われるので、目の前のやるべき事をひとつずつ消化していって最後まで走り切ってほしいですね。

スポンサーリンク