【とある公認会計士のホンネ】監査法人において主査をやるべきか。個人的な経験を踏まえて話してみる。

スポンサーリンク

「監査法人1年目だけど、主査やる必要あるのかな」

「スタッフでさえ忙しいのに、主査なんてやれない」

こういった悩みを抱えてる監査法人勤務の会計士に特に読んでほしい記事です!


こんにちは、上場企業主査一年目の会計士そらです!

いきなりですが…

監査法人に残って主査をやる必要はあるのか。

私は監査法人に入所して2ヶ月も経たないうちに、この悩みに直面しました。

この時の理由は単純。こんなに監査法人がいつも忙しいだなんて思ってなかったからです。

「一年目のスタッフでさえこんなに忙しいのに、主査なんてやったら死ぬんじゃね」

正直、そこまで無理して働く意欲もなかったため、主査に魅力を全く感じなかったんですよね。

なので、私は入所してすぐ「主査をやらずに退職する」ことを決めて業務に携わってきました。

それから2年ちょっとの時が流れ、副主査として現場をコントロールする機会がどんどん増えていきました。

審査員の対応を任されるなんてことも一年目の頃からありましたし、スタッフなのに質問対応する機会も多かったので、自分の中では「もう主査業務やってるし、主査やらないで監査法人を卒業しても良いよね」という感覚がずっとあったんですよね。

それでも周りの先輩は「お前も主査を経験した方が良い。やってみればわかる。」と口を揃えて言う。

自分が信頼している上司に至っては「主査になってから監査が楽しくなった」なんて言う始末。

もちろん、退職する意思を見せた私を引き止めるための口実でもあったのだとは思いますが、それでも「上司がそこまで言うのなら…」という気持ちも芽生えてきたため、2つのクライアントの主査を引き受けることにしました。

スポンサーリンク




私が考える主査最大のメリットとは

こうして主査として業務に携わることになったわけですが、私が考える主査最大のメリットはクライアントからの相談対応がスタッフの頃とは比較にならないくらい増えたことです。

そもそも、スタッフの頃に私がイメージしていた主査業務は、以下のようなものです。

・日程調整
・スタッフの育成、管理
・監査計画の策定
・審査対応
・相談対応
・報酬見積りの作成

つまり、責任の重さはあれど基本的には私が主査になる前に携わっていた業務がそのまま継続するものと思っていました。

そして実際に主査として業務に携わってからも、上記で列挙した業務のほとんどは想定通りのものでした。

ただひとつ、「これスタッフの時と全然違うわ」と感じているのが、さきほど挙げたクライアントからの相談対応の量です。

スタッフの頃は現場にいる時に質問を捌けば終わることが多かったのですが、主査になった途端に現場外でも定時外でも相談電話・メールが雪崩のように押し寄せてくるようになりました。

それは経理部からであったり、内部監査室からであったり、監査役からであったり、取締役からであったり…

これは会社によるとは思いますが、私の場合はありとあらゆる角度から相談を受ける機会が一気に増えました。

もちろん上司に相談することもできますが、まず相談の前提として自分が調べられる範囲まで調べないと怒られてしまうので、会計基準や関連書籍を漁る頻度が一気に増えます。

つまり、相談を受ければ受けるほど強制的にインプット・アウトプットの機会が増えるため、公認会計士としてのスキルを高めるうえでとても良い機会を得られているなと感じてます。

上場企業やIPOの主査を担当すると、自分が今までインプットしてこなかった分野の質問も飛んでくるようになるので、この経験は貴重ですね。

一方で、監査法人に骨を埋めるつもりがないのであれば、その他の主査業務はショートカットして次のキャリアに進んでも良いと感じます。

主査最大のデメリットとは

逆に、主査最大デメリットを挙げるとするなら自分が担当するクライアントの業務に年中時間が取られることですね。

これはメリットの裏返しでもあるのですが、上場企業の場合、四半期決算に加えて内部統制もありますので、前述した質問対応も考慮するとあっという間に一年のスケジュールが終わってしまいます。

なので、もし監査法人を卒業して他のキャリアに進むことを検討している場合は、早いうちから前もって動いておかないとまた一年、また一年と年を重ねてしまうことがよくあるようです。

「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないよう、自分のキャリアにおける優先度をしっかり考えておく必要がありますね。

主査をやらない選択肢もアリ!

個人的には主査として業務に携わることのメリットを感じていますが、主査を経験せずに監査法人を卒業することももちろんアリだと思います。

私ももともと主査をやらなくて良いと考えてましたしね。

その先のキャリアでしか得られない経験もありますし、自分の意識次第ではインプット・アウトプットの機会を自ら作ることも可能です。

主査をやってなければ絶対に得ることができない経験なんて、きっとありません。

なので、色々な公認会計士の話に触れながら、自分がどうしたいかしっかり考え、最終的に決定すれば良いと思います。

自分の望むキャリアの実現できるよう、後悔のない選択をしましょうね!

スポンサーリンク