合格者が教える公認会計士試験 勉強法-基礎期

スポンサーリンク

公認会計士試験の講座申し込みを終えて、いよいよ試験勉強スタート!
今日は主に基礎期の話を書いていきます!

ちなみに、予備校はTACを選びました!理由は、簿記一級の過去問題集が大原に比べて分厚く解説が充実していたため、TACの方が信用できると判断したからです笑

スポンサーリンク




科目別の勉強方法

◆財務会計論
入門編、基礎マスターのころは、最低でも1日1コマは消化するようにしてました。また、講義の後に例題を解きなおして、該当箇所のトレーニング問題もその日のうちやりました。

計算は簿記の知識が多少あったので理解はできたのですが、やっぱりアウトプットを素早く正確におこなうためには繰り返し問題を解くことが必要です。

翌日も講義を受ける前に、前日学んだところを読んで思い出してから講義を受けてました。

◆管理会計論
管理会計論も基本的に財務会計論と同じです。復習を忘れずに、最低でも1日1コマ消化してました。

管理会計論はパズルみたいなもので、正確に数字を図に落とし込むことができれば基本問題の点数も安定します。
そのため、財務会計論以上に解説をよく読み、ボックス図をいつでも再現できるようにしてました。

◆企業法
短答では楽勝科目に位置づけられる企業法。
基礎期から徹底していたのは、講義を受けている最中もポケット六法からちゃんと条文を探して、原文をチェックすることです。
短答だとあまり必要ないかも知れませんが、論文式試験を突破するためには、すばやく正確に条文検索できる力が必要になります。
そして、なにより原文を何回も見ることでテキストの文章が頭に入ってきやすくなるのでお勧めですね!

遊びにいくときも常にカバンにポケット六法を入れておいて、スキマ時間にはいつも条文見てた気がします笑
問題集に入っている一問一答は絶対にやりましょう。これをやるだけで基礎知識は固められます。

◆監査論
上級期になるといきなり鬼科目になりますが、この時点ではまだまだ楽勝です。
講義も基礎期の頃は、そこまで優先的に受けていませんでした。

企業法ほどではないですが、監査論も定型的な文章をそのまま覚える必要があります。
そして基礎期のテキストはペラッペラなので、ポケット六法と同じように常に持ち歩いて、スキマ時間に復習してた記憶があります。
あとは、お風呂に浸かりながら読むのもオススメですね!

基礎期の総括

上級期になると忙しくて記録をサボりがちでしたけど、基礎期の頃は毎日10時間以上やっていました。
というのも、私は繰り返さないと本当に覚えられない人間なので、泥臭く何度も何度も問題集を解いてました。

また、私が講座の申し込みをした時には、ある程度講義が進んでいたので、そうでもしないと追いつけなかったというのが正直な印象です。
じつは基礎期の頃に一度倒れたことがあるのですが、それでもあの時間を過ごしたから実力が安定したのかなと今でも思ってます。
(真似はしないでください笑)

それくらい基礎期の復習は大事です。

さて、本日はこの辺りで終わりです。
次回は上級期の話を書きたいと思いますので、宜しくおねがいします!

基礎期の勉強法まとめ
・講義を受けるだけでなくアウトプットを意識した復習が大事
・ポケット六法で原文を見るクセをつくる
・スキマ時間の有効活用

スポンサーリンク






6 件のコメント

  • はじめまして!
    勉強方法で質問ですが、だらだらやる、なかなか理解できなくて1日にあまり進まないので、例題だけ重視してます。でも問題集も解いた方がいいですよね…?

    • はじめまして、会計士そらです!
      コメント頂きありがとうございます!

      講義→復習(例題解くのも含む)→問題集
      この流れはセットで捉えた方が良いです!

      インプット時点であまり理解が進んでいなくても、アウトプットを繰り返すことで理解が深まるので、一度インプットしたらまずはダメ元でも問題解いた方が良いと思いますよ!

      ポイントはインプット時点で完璧主義にならないことですね!

  • 朝早くからお返事ありがとうございます!
    通信でなかなか質問できる機会がないので、とても嬉しいです(>人<;)
    結構進度的にも遅れが出てて、計算科目も少し残ってて理論講義も序盤でして、焦ってすすめかた雑になってました。わかりました、問題集は必ずとくようにしますね。

    で、さらに質問で、またこれも焦りからくるのかもしれませんが…理論講義をスキップして問題集とか始めるのはまずいですか?

  • 連投すみません、確かに忘れるのが怖くて、毎日しっかり復習やりすぎて、進度に遅れが出てしまってるって感じでした!
    (だから問題集スキップして、講義をひたすら見て来月の答練に間に合わせようと、雑になってました。)
    そらさんのように、前日のからスタートしようかなと思いました。神経質になりすぎず、次の復習は全体終えて二巡目からやるでも、いいのかなと。

    ただ焦りますね。合格目標が12月でやってたので。(焦るわりには勉強できてないです。)こうしてやってることに不安になったりしてしまいますし。

    • まみさん
      コメントありがとうございます!
      会計士そらです!

      今年の12月短答を目指すのであれば、正直10月中旬から短答特化に切り替えても問題ないと思いますよ!
      ただ、理論科目を12月短答前にある程度消化のうえ理解しておかないと、年明けから地獄を見る事になりますので、
      まずは理論科目も受けつつ「講義を受けたら復習、問題集を解く」という流れを自分の中で作りあげましょう。
      短答答練をリアルタイムを受けることよりも、一つ一つ着実に進むことを考えるのが、一番の近道だと思います!

  • そらさん、ご丁寧にありがとうございます!
    そうだったんですね。講義の視聴開始や答練スタートに間に合わない、遅れを取ることがだめなことだと思ってました。でも実際は確実に丁寧に理解して進めることが大切なんですね。

    地獄とは、、薄っぺらい暗記知識じゃ太刀打ちできなくなっちゃうってことですよね??
    なんだかすごい勘違いしてて、変な焦り方をしてました。目が覚めてきました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。