なぜ監査法人はつまらないと言われるのか。現役会計士が考察してみる。

スポンサーリンク

公認会計士試験は三大国家資格の一つです。そして、多くの受験生は公認会計士試験に合格することで自由な人生、高収入を得ることができると考えてとんでもない量の勉強をしています。

しかし、公認会計士試験に合格して監査法人に入所すると「寝る時間がほしい」、「仕事をやめたい」という話が社内のあちこちから聞こえてきます。

受験生の頃に夢見ていた公認会計士生活はどこへ行ってしまったのでしょうか。

スポンサーリンク




取りあえず監査法人に入る

多くの受験生は、公認会計士試験に合格すると監査法人に入所します。

これは誰が決めた訳でもないのですが、修了考査の受験要件を満たすために数年間は監査法人に入所した方が良いという暗黙の了解みたいなものがあるからなんです。受験期間中に受ける講義でも「合格後は監査法人で実務に触れながら~」といった話がとてもよく出ますし、受験生としては当たり前に監査法人を就職先として選びます。

私としては、ここに「監査法人はつまらない」といわれる原因があるんじゃないかなと思っています。

というのも私自身がそうなのですが、多くの業界や職種の中から自身の希望として監査法人を選んだ訳ではなくて、公認会計士試験に合格したら監査法人に入るっていう常識に縛られて就職先を選んでいるんです。

これって、四年制の大学に入ったあとは就職活動をして雇用されるっていう常識と大差ない気がしませんか?

もちろん公認会計士試験に合格したといってもまだまだ実務力はありませんから、知識のブラッシュアップや実務に触れる修行期間として監査法人に入所することは貴重な経験になります。

けれども、万人に監査法人の仕事が合うかといったらそんなことある訳ありません。会計の専門家になるつもりで勉強をしたけれど監査には全く興味がなくて、肩書きを得るためのつなぎとして監査法人に入所する人も少なくないです。

一般的な就職活動であれば、少なくとも業種や職種が多様にある中から希望を選ぶことくらいはするでしょうが、私たちは数少ない監査法人の中から「監査を基本として、他に何をやりたいか」を選ぶ訳です。

しかも、働き方はますますサラリーマン化しており、対外的に十分な監査手続を実施したことを証明するために要求される手続量は年々増えていってます。

それであれば、監査が苦手と感じる人にとっては地獄じゃありませんか?

監査法人以外の道ももちろんある

常識に縛られて監査法人に入った結果、「こんなことをするために公認会計士を目指した訳じゃない」と思うくらいであれば、そもそも事業会社やコンサル会社を就職先として選ぶことも可能です。

ただ、公認会計士が多い会社を選ばないと補習所や宿泊研修、考査について理解を示してくれないというのが現実です。

私の所属する監査法人に転職してきた方も、公認会計士試験をずいぶん前に突破しているにも関わらず、修了考査をまだ受けていませんでした。

話を聞くと、補習所について会社の理解を得られず、通うことを諦めてしまったようです。

このように、就職先を自由に選べるといっても、まだまだ就職後の生活まで面倒を見てくれる会社は少ないため、やっぱり公認会計士の肩書きを得るまでは監査法人に行ったほうがいいよねというお話になってしまいます。

監査法人に入るメリット

公認会計士が監査法人に入所するメリットとしては以下のものが挙げられます。

・補習所の年間費用を負担してくれる

・法人都合により考査を受けられなかった場合に追試費用を負担してくれる

・同期も同じ補習所に入るため、情報の共有がしやすい

・修了考査の受験費用を負担してくれる

・公認会計士の会員登録費用を負担してくれる

・公認会計士の会員登録後、継続研修制度への配慮がある

・修了考査の受験勉強期間として特別休暇が付与される

※あくまで上記メリットがある監査法人が多いという話です。全ての監査法人に当てはまるわけではありません。

いかがでしょうか。ここまでお金や補習所に配慮してくれる会社ってほとんどないと思います。

そのため、取りあえず監査法人に入って、少なくとも公認会計士の肩書きを得るまでは頑張るという既定路線ができあがってしまうのも頷けますよね。

監査法人だって悪いことばかりじゃない

今回はあくまで監査法人がつまらないと言われる理由に焦点を当てていますが、もちろん好きで監査法人に残る人もたくさんいます!
監査法人の仕事内容は?IPOってなに?

なので、「監査法人は何も面白いことがない」なんて思わずに、「つまらないと感じる人が多いのはそういう理由なんだ」くらいの感覚で今回の記事を読んでもらえると参考になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。