棚卸資産って何で積み上げちゃいけないの?会計基準と資金繰りは別の話。

スポンサーリンク

こんにちは、会計士そらです!

私が一年目の頃、パートナーがある会社の財務諸表を見て「まるで倒産間近の会社みたいだな」と仰ってたのを覚えています。

そのパートナーは棚卸資産が年々増加していることに着目してその発言をしたのですが、当時の私は何も知らなかったため、なんでそんな事を言ったのか全く理解が出来ませんでした。

会計上は一定のルールに基づいて滞留した在庫に対する評価損が計上されていますし、正味売却価値との比較による低価法も実施されている。

負債が積み上がるとその分倒産リスクが増していくことは感覚的に理解できますが、棚卸資産はその名のとおり資産項目であり換金価値があります。

その棚卸資産が増加していることの何が問題だったんでしょうか。

スポンサーリンク




棚卸資産はお金を払った後に積み上がる

この話における最大の問題点は、棚卸資産はお金を払った後に積み上がるということです。

会社は棚卸資産を販売することによって収入を得ますが、その棚卸資産はどうやって調達してくるのかと言うと、完成品を買ってくるか、部材を調達して製造するかのどちらかですよね。

つまり、棚卸資産を手に入れるためにはお金を払う必要があります。

現金仕入・買掛金・手形振出のいずれであってもいつかはお金を払わなければなりません。

そのため、棚卸資産が増加すればするだけ会社の支出が増加していくことになります。

ここまでは当然の話。

支出に見合う収入が発生していない

では、棚卸資産が積み上がるということは会社がどのような状況に陥っていると想定されるでしょうか。

受注が増加したとか、引き合い(受注に至るまでの商談中)が多くあるとか、開発〜完成までのリードタイムが長い商品だから安全在庫を保有してるとか。色々ありますね。

悪い方向で言えば作ったけど売れなかった。なんてことも考えられるかも知れません。

会社としてはもちろん前者が望ましい訳ですが、いずれにせよ棚卸資産が積み上がるということは支出が発生しているのにそれに見合う収入が発生していないことを示します。

支出と収入にはラグがある

そしてほとんどの取引はまず先に棚卸資産があって、その後に売上が発生するため、支出が発生してから数ヶ月後に収入が発生します。

このラグをキャッシュ・コンバージョン・サイクル(もしくはキャッシュ・サイクル)なんて言いますが、支出が発生した後に会社手元資金がない場合は給料・光熱費・税金も支払うことができないため、利益が出ていても倒産することになってしまいます。

もちろん現実の会社には財務部があるため、手元資金に不安を感じた場合には銀行借入を実行して乗り切りますが、借入に比例して支払利息による支出も増加します。

会社としては後々回収するつもりで棚卸資産を積み上げても売れるまではお金を回収できませんし、その状況が続くと本来なら払う必要のない利息を払うことになります。

つまり、有り余るほどお金を持っていない会社にとっては、在庫を積み上げるということはその分キャッシュ・コンバージョン・サイクルを長期化することと同義であり、会社の資金繰りにクリティカルな影響を与えてしまいます。

これを知っているからパートナーは倒産間近の会社みたいと考えた訳ですね。

会計基準と資金繰りはまた別の話

結局その会社は手元資金が豊富にあったため倒産なんて話には全くならなかったのですが、この経験を通して私は会計基準上の妥当性と資金繰りはまた全然別の話ということを理解しました。

今回は棚卸資産の話でしたが、これは滞留債権でも同じことが言えますよね。

会社が意図した通りに入金が行われてないということは、会計処理が適切に行われていたとしても資金繰りに影響を与えることになってしまいます。

スタッフの頃はあまりこういったところに意識が向きませんが、主査としてこういったリスクを早期にキャッチアップすることはより深度ある監査を実施するために大切なことですよね。

もちろん会社が自ら把握しなければならない問題ではあるのですが、IPO案件等の際にはこういった視点で会社にアプローチすることも求められますので、頭に入れておくと良いかも知れません。

スポンサーリンク