合格者が教える公認会計士試験 勉強法-上級期(論文編)

スポンサーリンク

「論文式試験は科目が多すぎて勉強の仕方が分からない…」

「どこまで勉強すれば良いの?」

こういった悩みを持つ方にぜひ読んで頂きたい記事です!


こんにちは、論文式試験の勉強で何度も心を折られた会計士そらです!

公認会計士試験の受験勉強について、今回は上級期(論文編)です!

私は5月短答に合格したのですが、正直合格してると思ってなかったので5月短答後~7月まで簿記1級の勉強しかしていませんでした。(案の定、一回目の論文式試験は足切りがなかったものの惨敗です笑)

そのため、この記事は以下の方を対象にしていると思ってください。
・12月短答合格者
・過年度短答合格者
なお、科目は経営学を選択しています。

※私はweb生だったので講義の消化ペースが通学生と異なるかも知れませんが、基本的な内容は同じだと思いますので積極的に参考にしてください!

スポンサーリンク




科目別勉強法‐上級期(論文編)

論文式試験まで進むと、短答から大きく変わることが2つあります。

・マーク式から記述式へ
・2科目追加(租税法、選択科目)

ただでさえ多かった試験科目がさらに増えて、記述問題に変わる!

論文式試験受験者の3人に1人が合格するとはいえ、恐ろしい話ですよね。

これだけ試験科目が増えると、よほど余裕がない限りすべての科目をバランスよく勉強していくことは難しいと思います。

そのため、私は以下のように割り切って勉強していきました!

・租税法、経営学は11月~1月の期間中、講義消化とトレーニング問題の繰り返し。2月からは租税法のアクセス・理論を定着させつつ、経営学は問題集を繰り返す。
・理論科目は毎日全科目少なくとも1時間は学習する。
・11月~3月末までは、財務会計論(計算)と管理会計論(計算)の勉強をしない。4月に入ったら全答練に向けてアクセスを1回からやり直す。

◆財務会計論(計算)
財務会計論(計算)については、4月に入ってからアクセスを最初から解き直し、不安がある論点はトレーニング問題集に戻ってフォローするといった感じです。

答練は解いてみるものの深追いせずに、論文式での問題の解き方を確認するくらいにしか使用していませんでした。

◆財務会計論(理論)
財務会計論(理論)については、テキストをベースに、比較表がある論点と言葉の定義をひたすら書いて覚えました。答練などを解いていても、典型的な言い回しなどが絶対に出てくるので、それは本番でもそのまま吐き出せるように頭に叩き込んだ記憶があります。

また、答練については基礎答練〜全答練まで網羅的に問題を確認して、テキストに記載していないような話が出た場合であっても、内容の理解くらいはするようにしていました。

なので、財務会計論(理論)については、比較表やキーワードをそのまま問われても書けるくらいには、暗記するようにしましょう。

◆管理会計論
管理会計論の論文式は、短答式以上に埋没問題の出題可能性が高いです。そのため、財務会計論(計算)と同様に4月に入ってからアクセスとトレーニング問題集を再度固めれば十分かと思います。

理論問題に関しては、TACで配布される問題集に出ているものを覚えれば問題なしです。

◆監査論
監査論は苦手科目だったのであまり大きなことは言えないのですが、結局はテキスト⇔答練の繰り返しが一番のように思います。

なお、監査報告書等の分例等は音読を繰り返しているうちにどういう事が書いてあるのか、なぜこういう記載をしないといけないのかが明確になってくると思うので、オススメします。

◆企業法
基礎期の頃に六法をある程度読み込んでいれば、どの辺りにどんな条文があるか分かるようになっているかと思います。その状態になっているのであれば、配布される論文問題集と答練をどんどん回していきましょう。

企業法に関しては、電車で移動している時や湯船に浸かっているときに、
問題を見て頭の中で答案構成(どの条文を使うかも明確にする)→解答例を見てみる
といった感じで良いと思います。

ガッツリ時間を割く必要はないですが、答案構成をする訓練は大事です。

◆租税法
ぜひ論文式試験における得意科目にしてほしいのがこの科目。

租税法は法人税、所得税、消費税が出題範囲とされますが、勉強の比率としては7:2:1くらいに捉えて問題ないと思います。

論文式試験の本番においても、法人税の基礎問題を取りこぼさなければ合格ラインに近づくので、まずは法人税を重点的に固めていきましょう。

講義の消化ペーストしては、12月短答までは温存しておき、短答後に少なくとも一日1コマを消化、復習もリアルタイムで行っていくことが大事です。

3月末まで集中して固めれば、全答練でも本番でも科目合格レベルの得点率が安定するので、全答練が始まる前に概ねケリをつけましょう!

◆経営学
最も費用対効果の高い科目が経営学です。

選択科目の中では圧倒的に選択される確率が高い科目ですが、テキスト、トレーニング、基礎答練を固めるだけで60%弱の得点率が安定します。

つまり、受験生のほとんどがトレーニング問題集レベルの問題さえまともに解けてないということですよね。

なので、3月までにトレーニング問題集を固めれば一気にアドバンテージを得ることができ、他の科目に注力できます。

講義は租税法と同じペースで消化し、早い段階でアウトプットへ移行するよう心掛けましょう。

科目の多さに負けず、メリハリをつけて

個人的な意見ですが、論文式試験の場合は毎日全科目の勉強すると逆に効率が悪いと思います。それをやるより、期間を決めてそれぞれの科目を一度ガッツリ固め、直前期に再度思い出し作業を行うといった方が、勉強が続けやすい気がします。

こればかりはその人に合うかどうかですが、ぜひ参考にしてみてください!

上級期(論文編)の勉強方法まとめ
・1〜3月は租税法と経営学に注力し、計算を捨てても問題なし。
・計算科目は4月以降にアクセス、トレーニング、基礎答練で固める。
・理論科目は毎日継続する。

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • こんにちは!
    19年目標でtacに通っています。
    12月短答までは短答に専念しようと考えているのですが、その間租税の授業などは受けなくても大丈夫ですかね?
    そらさんの意見教えて下さい!

    • ktaさん
      こんにちは、会計士そらです!
      コメント頂きありがとうございます!

      私個人の意見としては、12月まで租税法と選択科目はノータッチでも大丈夫だと思います!私もそうやってました!
      (短答に含まれる科目は論文範囲も勉強した方が良いと思います。)

      租税法と選択科目については、以下のように対応するといいかも知れませんね!
      1月…租税法の講義一周(復習込み)
      2月…租税法のテキスト問題とアクセスを解けるようにする。選択科目の講義一周(復習込み)
      3月…選択科目のテキスト問題を解けるようにする。

      3月が終わった時点でどの科目もアウトプットの段階に移行できていると、余裕が少しできると思いますよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。