監査法人に勤務して感じた公認会計士にオススメのカバンタイプBEST3!

スポンサーリンク

今回は公認会計士のカバンについてです!

就職活動時や公認会計士の先輩に聞くと、なんだかんだ話題にあがるのがカバン。

パソコン、バッテリー、本、書類、文房具、電卓などなど、昔ほどではないにしても監査法人に勤務する場合にはある程度の大きさがほしいところ。

大きさも必要だけど、耐久性やデザインも大事にしたい!という話は監査法人に就職後も出てくる話です笑
なので、今回は個人的にオススメなカバンを紹介していきます!

スポンサーリンク




第3位 何より無難でどこでも使えるブリーフケース

サムソナイト、aceなどに代表されるビジネスバッグ。カバンの形としてはブリーフケースと呼ばれるものですね!値段的には15,000円~30,000円が相場でしょうか。

↓こういった感じの、A4サイズ収納可でマチが広がる重厚なカバンは公認会計士にとても愛されており、事務所でもよく見かけます。

↓サムソナイトのブリーフケース

ブリーフケースの長所としては、頑丈で、物がたくさん収納でき、周りから浮かないことですね。

監査法人に入ると、棚卸立合や営業所往査として1日程度の出張が少なからずあります。その際、キャリーケースを持っていくほどじゃないなぁと感じた場合にはこのカバンを拡張すれば1~2泊分の荷物は入るので、便利ですよね。あとは、どのクライアントにお邪魔しても、カバンで変な印象を与えないことも大きいです。だからこそ、持っている人が多いんでしょうね。

短所としては、重量があること、オシャレ感があまりないことくらいです。

ちなみに、ブリーフケースの中でもトゥミ(TUMI)は高級ブランドとして知られています。

↓トゥミ(TUMI)のブリーフケース

基本的に50,000円を超える代物なのですが、何といっても頑丈。米国陸軍の防弾チョッキにも使われていた素材を用いてカバンが作られているからだそうで、この業界にこそ相応しいカバンかも知れませんね!

第2位 オシャレな人向けトートバッグ

最近人気なトートバッグ。素材はレザー、ナイロンとそれぞれですが、上品さを選ぶならレザーで、軽さやカジュアルさを重視するならナイロンをオススメします。

↓COACHのレザートートバッグ

20代後半〜30代に人気なトートバッグですが、カジュアル過ぎるカバンはまだまだ正式なビジネスな場に適さないという考えが世間的にありますので、愛用する場合はシーンを選びましょう。

長所としては、何よりカジュアルで、使いやすい点が挙げられます。

短所としては前述のとおり、シーンを選びますのでご注意を。画像で紹介したCOACHのように、上品なブランド物のカバンであれば問題ないと思います。

第1位 機能性、デザイン性で文句なし!3WAYバッグ

2017年になって一気に増えた印象があるのがこの3WAYバッグ。

基本的な形はブリーフケースと同じなんですが、ショルダーベルトが内蔵されており、リュックとして使うこともできます。

↓THE NORTH FACEの3WAYバック

通勤時はリュックタイプで使用し、クライアントに伺うときは手持ちするといった感じでシーン別に使い分けることができます。

監査法人のように常にPCやバッテリーを持ち歩き、カバンが重くなりがちに業界では重宝されており、私の周りでも着々と3WAYに買い替える人が増えてきています。

何より、両手が使えるので、自転車に乗る人にも愛用されています。

3WAYバッグの長所としては、オシャレ感があることと、何より使いやすいことですね!

短所はあまりないのですが、あえて挙げるとすればジャケットの肩が痛みやすくなることくらいですかね。

そして、その中で特に私がオススメするのはPORTERの3WAYバッグです!

PORTER 3WAYバッグ

実際に私の周りで使っている人も多く、持ってみても程よい軽さ!持ち手もしなやかで、リュックにしてもスタイリッシュ。

次カバンを買うならこれにしようと思っているくらい気に入っている商品です!

特別枠 パートナー、役員職に所有者が多いダレスバッグ

成功した社会人、英国紳士が持ってるイメージ強いあのカバン、名前をダレスバッグといいます。

↓ココマイスターのダレスバッグ

見るからに気品溢れるカバンですよね。街で見かけたことがあるかと思います。

とても素敵なカバンなのですが、愛用する本人にそれなりのオーラが求められることと、カバンが重く大きいため、独立する時にでも買いましょう笑

ビジネスに適しているカバンであれば何でも大丈夫

色々紹介しましたが、それぞれ好みがあるかと思います!

基本的にビジネスに適しているカバンであれば何でも問題ありませんが、せっかく自分の相棒を選ぶのであれば、満足できるカバンを選びたいですよね。
ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。