監査法人に飲み会はあるの?現役会計士が明かす実態!

スポンサーリンク

社会人になると逃れられないのが飲み会ですよね!

「家に帰って休みたいのに…」
「お金がもったいない…」
「仕事を離れてまで上司と一緒にいたくない…」

などなど、参加したくない気持ちがどうしても強くなりがちではないでしょうか?

私自身もお酒を飲めない、好きじゃない人間なので飲み会は友達としか行きたくないなぁと常日頃から思っています。

監査法人に入所しても飲み会はあるのでしょうか!?

スポンサーリンク




基本的に飲み会はない!

もちろん監査法人、監査チームにより状況は様々ですが、”飲み会”はとても少ないです。

理由としては、定時を過ぎてから事務所に戻るなど、帰宅時間が遅いことが挙げられます。

もちろん現場から直行直帰の時も多いのですが、それぞれの監査チームごとに現場を出る時間が異なり、人によってはそこから事務所に戻って仕事のため、予定を合わせにくいのでいわゆる飲み会のように大勢で集まって飲みに行くことはあまりありません。

ただ、早帰り日のように強制帰宅させられる場合にはその日にたくさんの人を呼んで飲み会をしてる人達はいますし、金曜日の夜中には事務所にいる人同士で飲みに行く光景も目にします。

もし誘われても、気分が乗らない場合は断ることが出来ますし、もし参加しても強制的にお酒を飲まされることはありません。(仮に無理強いするような方がいたら、他の上司に相談するなどして距離を置きましょう…)

監査チーム数人で夕飯を食べて帰ったり、お酒を飲みたい人が数人で集まることはチラホラありますが、飲み会と呼ばれるような場は基本的にはないように感じます。(あくまで個人的な体験ですが。)

繁忙期の打ち上げ、送別会や歓迎会は監査チームごとにあるよ!

飲み会とは性質が異なりますが、繁忙期を終えると打ち上げがあります!

一人あたり数千円だけ法人から支給されるため、お店によってはタダで飲み食いできます。(打ち上げにはパートナーも参加することが多いため、超過分を個人負担してくれることもあります笑)

打ち上げは飲み会というより、スタッフや主査を労う会なので、食べることが好きなら遠慮なく食べて、どんどん楽しみましょう!

他には、定期的に職員の入社、退社が発生するため歓送迎会をやることもありますね。

体質的に飲めない、飲みたくない場合はしっかりと主張しよう!

今は昔と違い、お酒を飲めなくても社会的な除け者にされることはありません。

むしろ、社会人になってまで無理して飲んで潰れ、周りの人に迷惑をかける方が専門家として情けないです。

また、補習所に通っていた頃は、他法人に所属する人で毎週飲みに連れ回されてる人の話を聞いたことがあるので、どこの法人も飲み会がないとは言えません…。

しかしながら、同期や部下を見ても飲めないことで仕事や上司との関係に亀裂が入ってる人はいませんし、安心して大丈夫です!笑

大人なんですから、自分の身は自分で守り、快適に過ごしましょう!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。