昇格には必須のスキル!?監査法人でゴルフに燃える公認会計士たち!

スポンサーリンク

こんにちは、現役会計士そらです!

今回は社会人で営業職をやるなら嗜んでいた方が良いと言われるゴルフについてです。

これは公認会計士にも求められるスキルなんでしょうか?

スポンサーリンク




「ゴルフで見つける仕事のパートナー」

私は腰痛持ちということもあり、ゴルフは打ちっぱなしにしか行ったことがないのですが、私の所属する法人では年に2,3回ゴルフコンペが行われます。

このゴルフコンペには年次、職階を問わず参加することが出来るため、普段一緒に仕事をしないパートナーやマネージャーとも交流できる良い機会といえますよね。

それもあってか、私の同期でもゴルフを始めた方がいるみたいで、密かな賑わいを見せています。

やらない人からすれば「お金もかかるし時間もかかる」無駄なスポーツに見えてしまうゴルフですが、先日ベテラン層の公認会計士に話を伺う機会がありました。

その人が仰っていたのは「ゴルフは仕事のパートナーを見つけるためにやってる。」ということです。

どういうことか深く聞いてみると、「ゴルフは次の人が打つまでの時間や、ホールを回るための時間がとてもあるから、嫌でも人と話すことになる。そのうえ人柄が全面に出てくるスポーツでもある。事前に十分な準備をしてから仕事をする人は、ゴルフでも会場に早く着いて練習していたりする。気を遣える人は誰かが打つたびにべた褒めする。」からだそうです。

ゴルフ嫌いな人からすれば「やっぱり面倒くさいじゃん…」と思われかねない話ですよね笑

ただ、昇格する人の心持ちが少しだけ垣間見えた気がします。

思えばここ数年で昇格した若手パートナーも皆さんゴルフやってたなぁ笑

マネージャー以上になると監査役とゴルフに行く機会も増えてくる

マネージャー以上になると、いろいろな現場を掛け持ちすることが多くなることも影響して、監査役の方にゴルフを誘われる事も多くなるようです。

また、監査役に限らず、海外出張の際に取締役とゴルフに行くことも珍しくないようですので、ゴルフをやってるといかに多くの人と接点を持つ機会が増えるのかよく分かりますよね。

もちろん、やりたくないことを無理にやる必要はありませんが、昇格のためにはゴルフはある意味必須スキルのように思います笑

もし皆さんが監査法人での昇格を目指すのであれば、監査法人への入所を良い機会としてゴルフを始めてはいかがでしょうか!?

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。