現役会計士が明かす監査法人のランチ事情!やっぱり少し相場が高いです…。

スポンサーリンク

こんにちは、現役会計士そらです!

今回はちょっとおつまみ的な記事ですが、監査法人のランチ事情について書いていきます!

スポンサーリンク




監査法人のランチ相場は1,000円弱くらい

前提として、一般的な社会人のランチ相場は500円〜800円くらいと言われています。

イメージ的には吉野家で「牛丼、サラダ、豚汁」を注文する程度の値段でしょうか。それとも、オフィス街にある定食屋で唐揚げ定食でしょうか。

それはどっちでも良いとして…笑

監査法人勤務の場合、ランチの平均価格は1,000円弱くらいを想定していただいて間違いはないと思います。

なので、「お昼どこ行く?」と振られたときに「吉野家が良いです」と言うと白い眼で見られます。(私個人は大好きなんですが…)

これはやはり公認会計士ならではだと思うのですが、安いチェーン店を好まない人が多く、どうしても値段が少し高めになりがちですね。

なので、以下の記事で紹介したアシスタントさんが現場にいる場合、ランチのお店は値段を考えてあげないと文句を言われます笑

監査法人のアシスタント採用!基本的な作業はおまかせしちゃいます!

時にはお弁当や社食を頂くことも

監査法人のランチ相場が高いことを紹介しましたが、クライアントによってはお弁当を用意してくれたり、社食を無料で提供してくれたりすることもあります。

仮に一ヶ月の勤務日のうち半分でもお弁当が出る場合、15,000円程度浮くことになるためなかなか侮れません…

なので、お昼を用意して下さるクライアントは、結婚してお小遣い制になってしまった公認会計士やアシスタントさんには人気の現場となります!笑

事務所勤務の日はお弁当を持ってくる人もいる

事務所勤務の日は、現場にいる時のように監査チームに縛られることなくランチに出掛けることができます。

私はコンビニで済ますことが多いですが、なかには事務所勤務の日だけ安く済ませるためにお弁当を持ってくる人もいます。

監査現場に往査している際は、主査やパートナーといった上席者がランチを決めてしまうことが多いので、事務所勤務の日はある意味で自分が食べたいものを食べれる時でもあります。

同期と過ごすのも良いですし、一人で優雅なお昼を過ごすこともオススメです!

以上、今回はかなりゆるーい記事でしたが、参考になれば幸いです!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。