監査法人の出張先では良いホテルに泊まることができるの?現役会計士がお答えします!

スポンサーリンク

こんにちは、現役会計士そらです!

以下の記事で書いたように、監査法人の入所すると出張が多くなります。

公認会計士ならゴールドカードを持つべき2つの理由とオススメのカード!

そこで今回は、「出張先では良いホテルに泊まることができるの?」という疑問にお答えします!

スポンサーリンク




基本的にはビジネスホテル…

悲しい現実ですが、出張の場合は1泊7,000円くらいまでのビジネスホテルに泊まることが多いです…。

特に私や上司がよく利用しているのはアパホテルですね!(奇抜な恰好の社長がトレードマークのあそこです。)

というのも、クライアントの規模が大きければ大きいほど監査法人の出張回数も増えるので、監査法人側の人数×ホテル、航空券の料金を毎回負担するだけでクライアント側からすると結構な金額になってしまいます。

ひと昔前は、もしかすると高級なホテルに泊まることが当たり前だったのかも知れませんが、少なくとも私が監査法人に入所した時にはパートナーが出張に帯同していてもビジネスホテルに泊まることが当たり前になっていました。

とは言うものの、クライアントによっては素敵なホテルを取ってくれるところもあるみたいなので、結局そのクライアントによりけりというのが正直な意見です。

ちなみに、アパホテルの場合には大浴場がついているので、ビジネスホテルの中では快適に過ごせるほうだと思います笑

会社の役員と一緒に泊まる場合は少し高めのホテルが多い

基本的に監査法人が出張に行く場合は、クライアントの経理や内部統制のご担当者が帯同することが多いのですが、時には役員(監査役、取締役など)の方と行動を共にすることがあります。

その場合には、「せっかくの機会なので」ということで会食がセッティングされ、少し高めのホテルに泊まることが多いように思います。(宿泊先のホテル内で会食ということがほとんど。)

私も年に数回あるかないかですが、良いホテルの場合には部屋が非常に広く、温泉も付いていることが多いためとても快適に過ごすことができます!

海外出張の場合には高いホテルに泊まれる!

私は海外出張の経験が1回しかありませんが、海外出張の場合には現地相場で少し高めのホテルを用意してもらえます。

やはり海外ということもあって、セキュリティ面が弱いホテルの場合には盗難等のリスクが非常に高いです。(高いホテルでも被害に合うことは少なくないようですが…)

そのため、帯同するご担当者の方が自分の身を守る意味でも、現地相場では少し高めのセキュリティがある程度しっかりしているホテルを予約してもらえます。

それに加えて、海外出張の場合には国内出張と比べて出張手当の額も大きいことから、行きたがる人が多いのも頷けますよね笑

以上、現役会計士が実体験をもとに出張先でのホテル事情を紹介しました!

出張もあまりに多くなると疲れますが、普段の業務とはまた異なった経験ができる良い機会なので、「安いホテルじゃイヤ」だなんて言わないようにしましょう!笑

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。