実務補習所の合宿は一波乱あり!?現役会計士が明かす実態…!

スポンサーリンク

こんにちは、現役会計士そらです!

今回は、実務補習所の合宿について書いていきます!

スポンサーリンク




補習所の合宿って何やるの?

2017年の公認会計士試験に合格した人も、そろそろ補習所の講義に慣れてくる頃かと思いますが、一年目の時は通常の講義と別に2回(だいたい2月末、6月末)の宿泊研修(合宿)が催されます。

補習所の宿泊研修への出席は強制ではなかった(とはいっても半強制的)ように認識していますが、参加すると12単位程度を一気に取得することができますし、合理的に仕事を休むことができるため、2回とも参加することをオススメします!

また、宿泊研修の場合は補習所でゼミナールやディスカッションを行っている班ごとに日程、作業グループが決められるため、普段一緒に仕事をすることがない他法人の人とたくさん話すことができ、とてもいい経験になりますよ!

さて、肝心な宿泊研修の内容ですが、従来と変更がなければ以下のとおりとなっています。

◆冬の宿泊研修
工場見学、ビジネスゲーム

◆夏の宿泊研修
有価証券報告書の【経理の状況】を作成

冬の宿泊研修について

冬の宿泊研修の場合は、初日に工場見学を行います!

工場見学は、製鉄所に行くのが例年の決まりのようで、実務補習所のHPを見ると2018年の合宿でも製鉄所に行くみたいですね。

製鉄所では、工場の歴史を聞いたあと、溶かされた鉄が長く薄く伸ばされていく工程を実際に見ることができ、「なんか小学校の頃にもこんな感じの工場見学行ったなぁ」と感じながら一人気持ちが高ぶっていた記憶があります笑

午後からは宿泊施設に到着し、荷物を置いたら早速ビジネスゲームスタート!

ビジネスゲームとは、自分が会社の経営者として市況を見ながら商品のセールスミックスや設備投資の意思決定を行い、決められた期間の中でどれだけ利益を出せるか競うゲームです。

ここで何よりも大事なのは資金ショートを起こさないことですね…

現実の会社でも黒字倒産が珍しくないように、ビジネスゲームでも利益が出ているのに資金繰りが悪化し、倒産に陥る班が続々と出てきます。(倒産した班の班長には罰ゲームがあります笑)

資金繰りを考えながら設備投資をしていくことの重要性がとても分かるゲームなので、好奇心を持って積極的に取り組んでみてください!

夏の宿泊研修について

夏の宿泊研修では、有価証券報告書に記載される【経理の状況】をどれだけ正確に完成させられるかを競うゲームをします。

【経理の状況】ということで、いわゆるBS・PLだけではなくCFやCI、そして何より注記の記載も求められるため、なかなかハードな内容となっており、当時一年目の私たちにとってはシンドイだけのゲームだった記憶があります…。

当日はいくつかの会社の有価証券報告書を参考に持ち込むことが許可されているため、注記が多い会社を持ってくるとその分だけ有利になりますよ!

その当時の私は何も分からずに手探りでやっていましたが、有価証券報告書の【経理の状況】を作るだけでもこんなに大変なのかと痛烈に感じた記憶があります。

これもいい経験なので、ぜひ積極的に参加してみてください!

合宿の夜はハメを外す人が続出…

日中にたくさん頭を使ったあとは、夜に懇親会という名の飲み会が待っています。

この懇親会には講師も参加するためベテラン公認会計士のぶっちゃけ話を聞くこともできますし、他の班の人といろいろ話すこともできます。

それくらいであれば楽しい懇親会で済むのですが、お酒が入ると度を超えた行動をする人が毎年出てきます。

過去には宿泊施設の噴水に飛び込んだ人がいたりしたようですが、私のときには女性が泊まっている部屋のドアを叩いては逃げたり、廊下ではしゃいでみたり、小学生のような行動をする人がいました。

会計士である以前に成人なんですから、そんな情けないことはしないようにしましょうね…

色々あったけど単位も取れるし楽しかったです!

色々書きましたが、結局楽しかったです!

仕事から頭を切り替えることができましたし、単位も一気に取得できたので、個人的には良いことづくしだったなぁという感想です!

夏の宿泊研修時には単位をある程度取得した人は参加しなかったりしますが、せっかくの機会ですし、どちらも参加することを強くオススメします!

以上、実務補習所の宿泊研修について、少しでも参考になれば幸いです!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。