現役会計士がTAC主催の監査法人説明会に参加してきました!

スポンサーリンク

先日、たくさんの監査法人が集まってブースセッションを行う合同説明会にリクルーターとして参加してきました!

やっぱりBIG4と呼ばれる大手監査法人は、受験生に大人気ですね。
その一方で中小監査法人、コンサル会社、税理士法人のブースはあまり人気がなく、受験生の呼び込みに苦労していました。

当時は私も受験生として参加していたわけですが、今回のようにいろいろな法人の説明を聞くことができるのに大手監査法人のブースにしか行かない人達はとても損をしているように感じます。

スポンサーリンク




合同説明会の意味ある?

というのも、合同説明会って結構時間がタイトなこともあって、リクルーターとしては個別説明会への呼び込みがメインなんです。

その場で法人の魅力を語り尽くすことを意図してませんし、最後には「説明会に来てくださいね〜」しか言われません。
(正直、受験生のことをちゃんと覚えてるのって中小法人くらいじゃないかな…)

それであれば、個別説明会に行く事が決まっている法人にわざわざ足を運ぶ必要ってあるんでしょうか。

むしろ、「あ、こんな法人があったんだ!」という宝探し気分で回るほうが自分の選択肢に幅がでます。
その場で聞きたいことが明確になっている場合や、法人を完全に絞っている場合は別ですが、自分の将来を考えるのであれば、選択肢を多く持つために色々な法人に足を運んでみることをオススメします!

どんな事を聞けば良い?

私もそうだったのですが、リクルーターに「何か質問はありますか?」と言われても、何を聞けば良いんだろうと考えてしまう人が沢山いるのではないでしょうか。

そこで、私のオススメとしては、「入所から三年間でどんな仕事をしてきましたか?」という質問を色々な人にしてみること。

3年目にもなるとメインクライアントは固定され、優秀な人は日程に空きがあればいろいろな現場からすぐお声がかかります。

そうやって様々な業務に関われる年次なので、リクルーターが話す内容に感銘を受けない場合、その法人はあなた向きじゃない可能性があります。もちろん、たくさんの人がいるので一人と話して決めるのは気が早いですが、法人選びの一つの指針にはなるんじゃないでしょうか。

上記はあくまで私個人の意見ではありますが、法人の規模、自分が担当できる仕事、法人の人柄など、注意してみると色々発見がありますので、選択肢を最初から絞らずに監査法人選びしてくださいね!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。