現役会計士が教える公認会計士試験の合格発表までにやるべきこと!

スポンサーリンク

これは私自身が就活時に聞いていたことでもあり、リクルーターがよく聞かれる質問の一つです。永遠のテーマといっても過言ではないかと思います!笑

もちろん人それぞれ状況は違いますが、私個人として「こうした方が良い気がします」っていうのはあるので是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク




合格したと感じている人

羨ましい限りです!笑
このような方であれば就活していても余裕感があり、「どの法人にしようかな〜」くらいに考えられているんじゃないでしょうか。それであれば、以下をオススメします。
・2ヶ月程度の語学留学
・国内、海外旅行
・就職してからの土日に向けて習い事(もしくは趣味作り)
・給料を貰ったらしたい事・買いたいものリストを作成

勉強ではなく、自分の世界を広げるために時間を使いましょう。

もちろん勉強することも大事ですし、否定するつもりはありません。ですが、どうしても勉強ばかりしてきた人が集まりやすいこの業界、勉強以外の雑談が苦手であったり、前に出ると上手く話せない人が多い印象を受けます。

私たちはパソコンとにらめっこしていれば良いわけではなく、経営者や役員の方と話す機会もあります。上席者でなくとも、コミュニケーションの窓口となってくださる方とは当たり前にお話するわけです。

そういった時に、アイスブレイクできる話題くらいは持っておかないと何ともつまらない人間という印象を抱かれてしまうかも知れません。

ゴルフ好きな人は未だに閑散期に誘われたりしますし、ご飯やお酒好きな方であればお店を紹介してもらえることもあります。あくまで一例ではありましたが、私の尊敬する上司はやはり仕事も遊びも両立しており、何の話を振られても合わせられる方です。そんな会計士になれたら営業も失敗する訳ないんです。

あらためて、勉強が悪い訳ではなく人生を楽しんで社会人としての教養を高めていきましょうということです!

不安な人、うまくいかなかった人

私は論文式試験を2回受けているのですが、1回目の受験時は不合格を確信してました。そのため、翌日から始まった説明会の時にもテキストをカバンに入れており、今思えば何とも余裕がない精神状態だったんだなぁと感慨深いです笑

そんな私ではありますがオススメとしては、
・BIG4の監査法人の説明会には少なくとも参加する
・仲の良い同性の友達と旅行する

私自身がそうだったように、不合格だった場合に来年も論文式試験に挑戦する気があるのであれば、すぐにでも勉強しなきゃ!ってなる人が多いと思うんです。

ただ、もし挑戦するのであれば改めて一年間勉強をしなきゃいけないってことですよね。それを考えると凄く気が重くなりませんか?(私は重くて仕方ありませんでした。)

旅行をすることで気分を切り替えたり、友達に弱音を吐くことも大事だと思います。

それに加えて何故BIG4の説明会をオススメするのか。

これはあくまで個人的な考えですが、BIG4の個別説明会はやっぱり中小と比較すると規模も演出も違います。

そして、参加する受験生も大勢います。受験で失敗したとしても同じ境遇の受験生がいる場であれば、また頑張ろうと思えるものです。あと、何より法人のパンフレットをしっかり作り込んでいるため、読んでるだけでワクワクしてきます!笑

そうやって精神的な安定を保ち、ほどよく外からの刺激を受けることで、憂鬱な気分を切り替えていきましょう!

とりあえず外に出よう!

いろいろ書きましたが、論文式試験を終えたらとりあえず外に出て、受験以外の事を知る期間にしましょう!

それは就活でも、遊びでも、旅行でも、スポーツでも、何でもOK。

勉強だけしていれば良かった期間は受験中だけです。合格したら人とコミュニケーションをとりながら仕事をしていく生活が待っています。

それであれば、先を見据えて行動した方が世間から浮いた存在になりませんし、自分自身もきっと楽しいはず!

合格発表までの期間の過ごし方
・自分の教養を広げるべく勉強以外に時間をつかう
・働いてからも続けられる趣味づくり
・気持ちを切り替えるために仲の良い人と触れ合う

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。